テーマ:タバコ

植物起源のアルカロイド(cytisinicline)は禁煙に有効らしい

 植物起源のアルカロイドを使った禁煙薬cytisiniclineの 25日間投与結果が報告されたそうです。被験者全員の喫煙が有意に減少し、半数が禁煙に至ったそう。  cytisiniclineは脳のニコチン受容体と相互作用し、ニコチン離脱症状を緩和しつつ、喫煙の快を抑制する働きをすることで、この結果が生まれたそう。26日までで喫煙本数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米政府が電子タバコの危険性について大人が子どもに伝えることを要求

 米国、公衆衛生局長が、電子タバコの危険性について医療従事者、親、大人が子供に語ることを求めたそうです。  電子タバコのニコチンが、注意、学習、依存を制御する脳回路の発達を妨げる恐れがあり、気分障害との関連も示されているとか。また、ジアセチル、ベンゼン、ニッケル、スズ、鉛などの有害成分も電子タバコには含まれているそう。  米国では高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タバコはDNAの損傷を促し、がんを促進する

 国立がん研究センターなどの研究。日本を含むアジアや欧米の5千人以上のがん患者について、喫煙歴とがん細胞のゲノムの関連を調べたもの。  結果、たばこを吸う本数が多いほどDNAが傷つきやすく、1日1箱を1年間吸い続けると肺の細胞では遺伝子に150個の変異が生じることが推測されたとのこと。肺は150個、喉頭は97個、咽頭は39個、口腔は2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量飲酒者はタバコがやめにくいらしい

 ロズウェルパークがん研究所による研究。アルコール使用障害を治療中のポーランドの男性喫煙者らを対象として、禁酒の直後および4週、7週後のニコチン濃度を測定。結果、ニコチン代謝は禁酒して4週目には正常に戻った。このことから飲酒がニコチン代謝を早める可能性が推測された。同時に、禁酒をすればニコチンの代謝が遅れ、ニコチンへの渇望が生じにくく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more