テーマ:身体

今度はサイエンスから若返り話。血中因子GDF11を補えば脳や骨格筋が若返る。

今度はサイエンスから若返り話。血中因子GDF11(成長差別化因子)を補えば脳や骨格筋が若返る。 老化に伴って低下する血中因子GDF11を補充すると、老化したマウスの脳血管、神経新生、筋力、筋持久力を改善、亢進できるそうです↓。生後15か月(40くらいに相当)のマウスに一日一回一か月GDF11を投与したところ、脳血管が50%増え、神経幹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手を洗うと後悔が減る、について

例えば「手を洗うと後悔が小さくなる」の場合 、これは日本の文化に「悪いことは水に流す」のような 言い回しがあるから成立するのでしょうか? 例えば「後悔は土に埋めろ」などという ことわざがある国があるとしたら その国では、手を洗うより土に何かを埋めた方が、後悔は小さくなるのでしょうか? それとも、手を洗うと後悔が減る経験則があったからこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔を洗って、上を向き、にっこり笑って、背筋を伸ばす

最近、「身体化された認知」系の実験が目につきます。身体化された認知とは、脳や心は体の影響をすごく受けますよ、身体なくして認知を考えてもあまり意味がないですよ、そもそも身体動作の神経基盤を使って、心や認知的判断が生み出されているのではないですか、といったお話です。 たとえば、箱を上下に積み重ね、その中におはじきを入れます。これを手で上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年度の諏訪東京理科大・脳システム論

目的 この授業の目的は、脳とそのシステム、その変容について、みなさんの脳の中にダイナミックなイメージと基本的な知識を構築することです。そのために、脳の変容パターンのひとつ、技の記憶の出来上がりを、動的身体的技(空手の突き)と静的心理的技(自己催眠法)について体験します。また、脳と食事、運動、恋、依存、いわゆる脳トレなどと、具体的な生活…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

60秒活脳体操

法研から出る、ボケない頭をつくる 60秒活脳体操、ほぼ校正終了。 相当いいと思う。 使い勝手はもちろん、見やすいし、なんといっても、全ての簡単体操に、それをしているときの前頭葉活動画像がつく。光トポグラフのオンパレードだ。 強烈だ。 次は同じ路線で、松本大学の根本君と組んで、トリッキー手遊び+童謡・唱歌で脳トレ!みたいな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本市熟年体育大学と大合同?

「松本市熟年体育大学」と「蓼科高原ココロとカラダの健康プログラム開発プロジェクト」がくっつくと、確かにシナジー効果が大きい。 世のため人のため、とはいえ、内情がちょっと。 内情がちょっと・・・とはいえ、世のため人のためには・・・。 とはいえKは世のためを考えるグラントではない、地域が儲けよ、というし。 うちの評判はそこそこ高いか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more