テーマ:家庭

0-14歳での不遇な家庭環境は、15-24歳での自殺リスクを1.6倍にする

 1987-91年生まれのスウェーデン人548,721人のコホート調査。0-14歳での家族の死亡(自殺は除く:自殺リスクがターゲットなので、自殺家族に自殺が多いことは知られているので除外)、両親の薬物使用、精神障害、重犯罪、親の離別・片親、生活保護受給、住所不定と、15-24歳での自殺リスクの関連を調べた。  結果、こうした不遇は自殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親に捨てられ施設暮らしを続けた子は脳の白質が発育不全

 ルーマニアでの研究。親のネグレクトにあい施設暮らしを続けた子、施設から里親の下での暮らしに移った子、生物学的な親の下で暮らした子の、脳の比較。脳の領域間をつなぐ白質の微細構造が、施設暮らしを続けた子で発育不全だったとか。はやく質の良い家族環境に移すと、脳白質の発達を正常化しうるそうです。  普通の家庭では脳の様々な働き、たとえば知能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more