テーマ:音楽

音楽の快感にも脳内麻薬系がかかわる(当たり前)

 アルコール使用障害、ギャンブリング障害では、オピオイド(内因性麻薬)系の関与が考えられ、ナルトレキソンやナメルフェンといった麻薬拮抗薬(オピオイド系遮断薬)が、アルコール使用障害の治療薬として多くの国で認可されており、ギャンブリング障害でも有効ではないかとの指摘が時折ある(Hodgins DC et al. Lancet, 2011)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽の鎮痛効果

手術前後、あるいは手術中に音楽を聞くと、痛みや不安が和らぐことが多数報告されてきましたが、それらをまとめて評価したメタ解析結果が報告されました。その結果、周術期(手術前、手術中、手術後)に音楽を聴くと全身麻酔であっても術後の痛みや不安が減じ、鎮痛薬使用が減ることが認められました。  興味深いことにこの効果は音楽の種類には関係なく、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好みの音楽は記憶を呼び起こし、内省を促す。

 音楽の好みは人によって大きく違います。また、音楽はロック、ラップ、クラシック、カントリーなど、メロディーやハーモニー、リズムの複雑さがみな違います。その一方で、どんな曲であれ、好きな曲を聴いているときに、思いにふけったり、思い出に浸ったりしがちになると語る人は少なくないそうです。  実際、21人の被験者にロック、ラップ、クラシックな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽の素質は練習できる素質に還元されるか?

 Kアンダース・エリクソンらは何か特別なスキルを最上級に手に入れるには、熟達の10年が必要で、またレベルが高い鍛錬者ほど熟考された練習をしていることを指摘し、この考えは学術的にも一般にも流布している。その一方で、双子研究によれば音楽的能力などのスキルには中程度から強度の遺伝的影響があることが指摘されてきており、練習と遺伝的素質のかかわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期はカフェインを避けた方がいいかもしれない、音楽の聞き分けにも成功失敗が反映する

 ラットの実験で思春期のカフェイン摂取は脳の成熟を反映すると考えらえている睡眠時徐波活動(sleep slow wave activity)の推移パターンを変え、脳神経の繋がりの整理を妨げ、振る舞いをより臆病にしてしまうのだとか。 PLoS One. 2013 Sep 4;8(9):e72539. doi: 10.1371/journ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽と色の関連は文化を越えて共通する。それは引き起こされる情動に文化普遍性があるからだ。

 カリフォルニア大学バークレー校のパルマ―らは、音楽と色の間には聴覚と視覚という感覚の隔たりを越えた強固な結びつきがあり、この結びつきは情動の共通性によって媒介されていることを実験的に示しました。  彼らは、アメリカ合衆国とメキシコの被験者に、バッハ、モーツアルト、ブラームスのクラシック音楽18曲ともっとも結びつきが強い色ともっとも関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽の理解は空間認知的なんですかね。

プロのピアノ調律師を対象に調べたところピアノ調律師では右前頭葉弁蓋部、 右の上側頭葉の灰白質が大きく、海馬前方や海馬傍回や上側頭回、海馬後部の白質が調律経験とかかわっていたとか。調律というのは表題のごとくナビゲート、空間認知的なんですかね。 J Neurosci. 2012 Aug 29;32(35):12251-12257. Na…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだかなー、楽器系、音楽系は強いね。認知機能低下予防にはなるし、子どもは賢くなるし・・・・

60-83歳の70人を対象にした調査で、10年以上楽器練習している人は幾つかの認知機能テストの結果がそうでない人より有意に上だったそうです。 The relation between instrumental musical activity and cognitive aging. Neuropsychology, Apr 4, …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽を聴きながらだと脳が楽です

今日、松本大学の根本先生のところの学生さんが来て、あれこれNIRS実験をした。 ひとつめは、自転車こぎをするとき音楽を聴くとどうなるか、もうひとつは、運動指導のDVDを流してみる場合と、まねる気でみる場合。 前者は前頭葉底部、側頭頭頂接合部を中心に脳が沈静化する↓。ま、音楽を聴いている方が脳が余計なことを考えない、楽、時間が過ぎるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽療法?

音楽療法学会で講演を頼まれた。一枚目はフルートを聴いている時。側頭葉が活動を増し、前頭葉などは鎮静化する。二枚目上段、左オルゴールを聴く、右TUNAMIを聴く、下段左雑音、右波の音を聞く。ま、だいたい前頭葉は鎮静化して心安らか、みたいな。 フルートの時なんかはPCでノートを作っている時に近い。自動化の快?(線条体とか・・・)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うーむ

うーむ。考え込むことばかりだった。 久保田麻琴↓さんと対談した。といっても、ほとんど聞き役だったが。たぶん、5年後くらいにがががんと効いてくる気がする。自我が揺らぎの上に浮遊するものだという確信は、たぶん共通するんだろうが。 http://www.kingrecords.co.jp/kubotamakoto/index.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳にいい音・リズム(SBC版)

☆脳にいい音とかリズムってあるんですか?  「脳にいい」をどう定義するかで違いますが、記憶を促進しやすいリズムはありますか?とか、脳の奥を刺激しやすい音ってあるんですか?ということなら答えられます。 ☆えっ?記憶にいいリズムなんてあるんですか?  あります。シーター波のリズムです。4~8Hzくらい。このリズムで海馬という記憶を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックでも前頭眼窩皮質が真っ青

ディープパープル(ハイウェイスター)で前頭眼窩皮質付近、BA11近辺が真っ青(光トポで)。 パチでの海、回転寿司通常回転、ロック脳。 ここから正中線近辺の血流低下は癒しの指標になるね。 AERA in ROCK Ⅱの「ロック脳の真実」に実験結果掲載。 http://opendoors.asahi.com/data/detail/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more