テーマ:メラノコルチン

脂肪好きだが、甘いもの嫌いにかかわる遺伝子や脳内回路があるらしい

 4 型メラノコルチン受容体(MC4R)は視床下部や脳幹部で多く発現し、エネルギー代謝調節をはじめとする多くの生理作用を有している。POMC→α-MSH → MC4Rと働き、MC4Rをコードする遺伝子の変異によって、マウスでは食物の過剰摂取が起こり、脂肪分の多い食品を好むようになり、糖分を好まなくなることが報告されている。  ↓は、メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more