テーマ:不安

マインドフルネスは思いのほかエビデンスがない

 様々な心理療法の弱点はエビデンスの弱さだ。その中でマインドフルネスは脳科学的なデータを含め、比較的豊富とみなされ普及してきた。しかし、最近の米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)によるレビューでは、マインドフルネス療法による不安、うつ、痛みの治療には中等度の効果が認められたものの(これはこれでなかなかのものではあるが)、ストレスを軽減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セロトニンが不安を惹起することもある

 セロトニンの再取り込みを阻害する薬は代表的な抗うつ薬で、セロトニンは癒しにかかわるなどといわれる。一方で、セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)のひとつフルオキセチンを急性投与すると不安様行動が惹起されうるが、↓の研究はそのメカニズムを示したもの。  背側縫線核から分界条床核(BNST:自律神経・神経内分泌・行動応答の制御に関わる前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レム睡眠が不足すると慢性うつや不安を生じやすい

 睡眠には段階があります。 ・第1段階は、寝床に入り、 うとうとした状態。脳の活動が低下しθ波(周波数 3-8 Hz)が現れます。 ・第2段階は、すやすや眠りで、一過性の睡眠紡錘波やK-複合波と呼ばれる脳波が出現します。 ・第3、第4段階は、深い眠り、ノンレム睡眠で「徐波睡眠」と呼ばれます。このとき、記憶の定着が促進されることが知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扁桃体基底内側部が内側前頭前野のターゲット

 恐怖や不安、忌避行動には扁桃体がかかわり、快ややる気、接近行動には側坐核を含む線条体がかかわることが知られています。また扁桃体の恐怖や不安の調節には、前頭前野、特に内側前頭前野(mPFC)からのトップダウンの制御が行われていると考えられてきました。  しかし、内側前頭前野が扁桃体のどこを標的にして制御を行っているかは不明でした。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

依存の背景に不安あり

Nature Communications 2015年4月22日 Neuroscience: A trigger for nicotine withdrawal anxiety  「依存」というと報酬系(ドーパミン系)に焦点が当てられがちですが、渇望感ややめたときのイラつき感につながる不安回路も大事な役割を果たしているのではないか。む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世代をまたぐトラウマ、母親のトラウマは母のにおいで伝達する?

 ネズミにあるにおいをかがせ、電気ショックを与えることを繰り返すと、その匂いを嗅がせただけでおびえるようになります。トラウマの原型と考えることもできますが、オスネズミではこのにおいによる恐怖条件付け、たとえば、桜の香りと電気ショックが結び付くトラウマが孫の代まで伝わることが報告されており、こうした獲得形質の遺伝の媒介が精子のマイクロRN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナッツで長生き、扁桃体がでかいと不安が強い、共感覚者は自閉症で多い

・Nurses' Health Study参加の女性76,464人とHealth Professionals Follow-up Study参加の男性42,498人の追跡調査の結果、ナッツ(木の実)をよく食べると、癌、心疾患、呼吸器疾患による死亡リスクが低下し、全死亡リスクも低下したそうです。 N Engl J Med. 2013 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝不足は不安や嫌悪感を助長したり長引かせたりするかもしれない

↓の研究で、睡眠不足にさせると、不安を引き起こす状況時の不安や恐怖に関係する扁桃体や、嫌悪感や内部モニター、その予測にかかわる島皮質の活動が睡眠不足でない時に比べて高まることが示されました。寝不足は不安を予期する力をそぎ、不安や嫌悪感を助長したり長引かせたりするかもしれないわけです。 J Neurosci. 2013 Jun 26;3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不安から忌避、不安を抑制して報酬行為、分界条床核からVTAへの二ルートが関与

恐怖や不安にかかわる扁桃体と報酬や忌避行動にかかわる腹側被蓋の相互関係はまだ明らかになっていない。 しかし今回、マウスの実験から扁桃体から分界条床核(bed nucleus of the stria terminalis)、腹側被蓋野(VTA)にはグルタミン酸放出の興奮性ニューロンとGABA放出の抑制性ニューロンが投射しており、それぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性的な飲酒は恐怖除去機構を壊し、不安を高める

アルコール依存症はしばしば心的外傷後ストレス障害を併発するが、アルコールがトラウマから回復する神経機構にいかように作用するかは不明だった。ホームズらはネズミに慢性的、断続的にアルコールを与えると、前頭前野神経の配線を変え、NMDA受容体を介した恐怖除去機構を妨げることを見出した。 Nat Neurosci. 2012 Sep 2. d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快感

 ある行動をする頻度が高まっていく学習を「正の強化学習」と呼びます。あらゆるサービス産業はユーザーのサービス参加頻度を高めることを目指しますから、「正の強化学習」の成功がそのサービス産業の成功とほぼ同義です。ソーシャルゲーム業界やぱちんこ産業の成功もこの「正の強化学習」システムをうまく生かした成功であり、その分、依存の危険をはらみます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指の長さと成績

毎度おなじみ、薬指と人差指の長さと脳の傾向の話。英バース大、ブロズナンら。 子どもたちの薬指、人差指の長さの比と全国テストの結果を比較したところ以下の結果を得た。 ・薬指≧人差指・・・・・算数>国語 ・薬指<人差指・・・・・国語>算数 薬指が長い者は数字に強くなりやすく、人差指が長い者は言葉に強くなりやすい、ということ。研究者ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期の不安は必須

Reversal of neurosteroid effects at α4β2δ GABAA receptors triggers anxiety at puberty. Nature Neuroscience. Published online: 11 March 2007; アロプレグナノロン(THP、allopregnano…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more