テーマ:遺伝子

筋肉は記憶する、筋トレは無駄にならない

 筋肉は記憶する、筋トレは無駄にならないことは、経験的に知られています。たとえば学生のとき部活で十分な運動をしていれば、その間に筋肥大が起きますが、部活をやめ、筋トレもしなくなれば、いずれ筋肉は落ちていきます。しかし、ふたたびトレーニングを開始したとき、それまでにトレーニング体験がある人と、ない人とでは筋肉のつき方が違ってきます、かつて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHDにグルタミン酸系治療薬

 注意欠如・多動症(ADHD)ではドーパミン伝達系の多型のほか、代謝型グルタミン酸受容体(mGluR)神経伝達物質のシグナル伝達に関連する遺伝子変異が報告されている。しかし、ADHDの一般的な治療薬はドーパミン系であり、グルタミン酸系はなかった。  そこでEliaらは、mGluR系アクチベーターの一種であるファソラセタム水和物(NFC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい知能遺伝子

 知能は収入にも健康にも関連する。子どものうちの知能の遺伝率は双子研究から45%と見積もられ、大人では80%に上ることが知られている。平均すると54%ほどと考えられるが、これまでの遺伝子研究の多くは被験者数が足りず解析パワーが及ばなかった。そこで↓では、78306人の解析を行い、人の知能に関連する52の遺伝子を発見、うち40についてはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格特性にかかわる遺伝子領域は特定の精神疾患とかかわる

 精神疾患の診断・統計マニュアル第五版(DSM-5)ではよく使われるカテゴリー診断とは異なる第Ⅲ部がおもしろい。個人的には臨床用の文化的定式化面接(CFI)の汎用性にひかれるが、パーソナリティ障害を「性格の主要な5因子(ビッグファイブ)」の病的拡張または機能低下としてみる新モデルも興味深い。  ↓は「性格の主要な5因子」に対応するヒト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セロトニン関連5‐HTTLPRの多型はストレス下のうつ発症と無関係&環境は人を自由にする

 性格や行動傾向と遺伝のかかわりは一つには、双子研究を中心とする行動遺伝学によって調べられ、たとえばビッグファイブ(誠実さ、開放性、外向―内向性、調和性、神経質さ)の遺伝率は5割程度と推定されています。  一方、世紀末、遺伝子多型(いわゆる変異)一本釣りであれこれが調べられ始めたころ、性格と遺伝子の関連が報告された。エプシュタインによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格を決める遺伝子

 「性格」にはいろんな分類があるが、もっともポピュラーで、どの民族でも安定してその因子が取り出せることで知られるものにビッグ5がある。神経症傾向、外向性、開放性、誠実さ、協調性がその五つで、人の性格は、この五次元空間に表現されると考えられている。そして双子研究から、それぞれの性格の遺伝率は30-50%と見積もられ、興味深いことに共有環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬の人懐っこさには遺伝子がかかわる

 ビーグル犬はローマ時代から存在し、ウサギ狩りに使われ、ショードッグとしても人気がある。このビーグル犬を対象として社会的行動と遺伝子の関連が調べられた。スウェーデン、リンショーピン大の研究。  190頭のビーグル犬に三つの容器の蓋をスライドさせ中身のおやつを取り出す課題を与えた。ただしそのうち一つは蓋が固定されておりあかない。このとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生涯にわたり孤独を感じる傾向の14~27%は遺伝的形質によるらしい

 孤独感やうつ傾向は芸術を生み出す側面もあるが、様々な健康上の不利益とも結びつきやすい。これまでの双子研究から、孤独感の感じやすさには遺伝的な形質の影響があり、その影響は37-55%と、性格の遺伝率に近いものだった。また孤独感とかかわる遺伝子(BDNF, OXTR, RORA, GRM8, CHRNA4, IL-1A, CRHR1, M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子、脳、精神障害、機械学習、遊技障害

 成人で発症した双極性障害、うつ、統合失調症に影響を与える遺伝子群には共通性があり、自閉症スペクトラム症は双極性障害とも統合失調症とも共通性を持ち、脳の機能的結合を機械学習させ自閉症スペクトラム症を判別可能なのだとか。  は~、そういう方向になるんでしょうねとは思っていましたが、いわゆる依存症話も遺伝群と脳の機能的結合を議論しなくては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごいな、血液中の18遺伝子を調べれば、どの抗生剤が適しているか識別できるとか

 「抗生剤」には、「抗菌薬」「抗ウイルス薬」「抗真菌薬」「抗寄生虫薬」がありますが、ヒトの血液中の7つの遺伝子を調べることで、そのヒトが、細菌感染かウイルス感染か確実に区別できるそうです↓。  そしてこれまでに明らかになっている11遺伝子と今回の7遺伝子をあわせた18遺伝子の解析によって、患者にとって必要な抗生剤が相当確実に識別できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝型ばんざい???

 DNAの遺伝子診断もそうですが、遺伝子診断の目的はすでにわかっていることからの分析結果を伝え報酬を得ること以上に、遺伝子情報をまるごと使わせてもらう同意を得て、大規模調査を実施することです。似た発想は、脳スキャンからの性格診断でも同様でMRIデータの効率収集が大きな目的です。  ↓は23andMe社という遺伝子検査の老舗?からの報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満

時計遺伝子Bmal1との関連。夜食べると太る。 肥満関連遺伝子。 Fto 食べた後も食欲(グレリン放出) β3AR(アドレナリンβ3受容体)-中性脂肪の分解抑制、基礎代謝を低くする UCPI(脱共役タンパク質)-褐色脂肪細胞の働きにぶる→基礎代謝を低くする β2AR 基礎代謝上がる、太りにくい 脂肪を燃やすには運動は食事前
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蚊の嗅覚は遺伝子の違いをかぎわけるらしい

 蚊が双子のどちらを好むかを調べた実験が行われたそうです。その結果、一卵性双生児では好みの違いが生じませんでしたが、二卵性双生児では好みの差が出たのだとか。  つまり、遺伝子が一致している一卵性双生児なのか、約半分一致している二卵性双生児なのかをかぎ分けているわけで、蚊は嗅覚を介して遺伝組成を検出しうる可能性が示唆されたわけです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代が巡ると有利な進化が不利になる

 シベリヤ北部、北極圏の人々の68%に認められ、他の人口集団では観察されない、CPT1A遺伝子の変異は、低血糖や乳幼児期での死亡のリスクを高めてしまうらしい。  そもそもこの変異は、肉に多く含まれる長鎖脂肪酸がミトコンドリアで酸化されるのを調整する変異で、海の哺乳類を主とする肉食生活を送るには役に立っていたらしいのですが、現代ではその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自己満足的な幸福は細胞を不健康にし、公共的な幸福感は細胞を健康にする」はガセらしい

ほお、スゲーな、と思った、↓の幸福の種類と免疫反応関連遺伝子の発現レベルが関連し、自己満足的な幸福は細胞を不健康にし、公共的な幸福感は細胞を健康にする、とする研究、解析方法が間違っていて、そんな関係はないとの報告がありました。 http://higeoyaji.at.webry.info/201308/article_1.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計算力と読解力には共通の遺伝的特質がある

 読解力や計算力は、社会経済的影響を生み出し、認知機能の向上は富の増加と平均余命の延びと関連していることが示されています。ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアム(Wellcome Trust Case-Control Consortium)と行動遺伝学では著名なPlominたちのグループは、イングランドとウェールズの12歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肌の色が薄いのはたった一人の遺伝子変異に起因するらしい

ヨーロッパの人たちは肌の色が淡いですが、この肌の淡さに寄与する遺伝子変異はA111Tだそうで、この変異はおよそ1万年前に中東とインド亜大陸の間のどこかの場所で生まれたたった1人の人間の染色体に由来するらしいそうです。 G3 (Bethesda). 2013 Nov 6;3(11):2059-67. doi: 10.1534/g3.11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル依存と遺伝子

病的賭博(論文では障害的な賭博:いわゆるギャンブル依存)についての遺伝的寄与を双子研究で調べた結果、男女差はなく、分散の49.2%が遺伝的影響で説明される。共有環境(ほぼ家庭環境)影響で説明される証拠はなかった↓。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20530012 ほかの研究でも50-60%くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たばこの本数を決める遺伝子

 ニコチンは記憶などに深くかかわるアセチルコリンが結びつく受容体に結びつく。ニコチニックアセチルコリン受容体だ。この受容体のサブユニットのコードにかかわる、15番染色体上のCHRNA3、CHRNA5、CHRNB4各遺伝子が、喫煙量とかかわるというのだ。C Francksら、H Furbergら、K Stefanssonらの研究だ。別のニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COMT遺伝子、知能、痛み

 COMT はドパミンやノルアドレナリンのようなカテコ-ル系化合物を不活性化する酵素であり、ドパミン系の代謝には極めて重要な役割をもっています。このCOMT遺伝子には多型があるとこが知られ、メチオニン型(Met)をホモで持つ人はヴァリン型(Val)をホモで持つ人に比べて、記憶力や注意力が高く、また痛みを感じやすく、偽薬など痛みの暗示がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双子研究崩壊??

これまで一卵性双生児は遺伝的に同一で、片側だけが発症したとすれば環境の関与だ、と考えられがちだった。しかし、DNAのコピー数多型(CNV)が一卵性双生児で異なるとなれば↓、種々考え直さなければいけない点が出てくる。また、双子間の発症の差を、DNAの差に求めうる可能性も高まった。 Phenotypically Concordant a…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

0.2から0.5%

Scienceから。 これまで、ヒトゲノムの点変異に基づく個人間の差は0.1%程度と考えられてきた。しかし、広範囲なDNA領域の欠損・再編・重複による構造多型(structural variant)はこの二倍から五倍におよぶ。ヒトゲノムの個人差は、0.2から0.5%。 だんだんに疾病率に近づいていく、のかな??
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食の嗜好性の遺伝子支配

 アポリポ蛋白E4(Apo-E4)はコレステロールを輸送する蛋白で、アミロイドの沈着を促進するため、Apo-E4を持つ人は持たない人に比べてアルツハイマー病に離間する確率が高いといわれている(Heisung et al., 2004)。  今回の報告は、アポリボ蛋白のA2(ApoA2)のプロモーター領域の遺伝子多型が、食の好みにかかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんどん英語を読まなくなります。

バイオトディより 2007-02-16 間接喫煙と冠動脈疾患のリスク上昇が関連します。間接喫煙による冠動脈疾患のリスク上昇には、炎症、血小板凝集、内皮機能障害(endothelial dysfunction)が関与していると示唆されています。 Third National Health and Nutrition Examinati…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

重要、ふたつ

バイオトゥデイよりふたつ 2007-02-12 PPP1R1B遺伝子がコードしているドーパミン/cAMP調節性リン酸化タンパク質・DARPP-32は、ドーパミン入力を受け取るニューロン(dopaminoceptive neuron)へ到着する情報を統合しています。これまでの研究から、DARPP-32はD2受容体刺激作用を仲介し、多岐に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more