テーマ:自閉症

OCDが統合失調症の初期症状である可能性に注意

 2000~13年に新たにOCD(強迫性障害)と診断された人の縦断調査。非OCD群はランダムに抽出、性、年齢、都市レベル、所得でマッチング。  結果、OCD群2,009例、非OCD群8,036例が抽出、統合失調症発症リスクは、OCD群876.2/10万人年、非OCD群28.7/10万人年。OCD群で統合失調症リスクが30倍程度高かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿命関連遺伝子の多型、自閉関連行動は多遺伝子性?

 ヒトの老化速度の個体差には遺伝要因がかかわることが指摘されてきた。サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子などとも呼ばれ、その活性化が長寿化のポイントなのではないかなどといわれたりしている。↓はcエレガンス(線虫)の老化速度にかかわる遺伝子多型として、rgba-1(regulatory-gene-for-behavioural-ageing-1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自閉症の人が目を合わせないのは不快ゆえ?

 米マサチューセッツ総合病院のNouchine Hadjikhaniらの研究。自閉症の人(23人)と定型発達の対照群(20人)に人間の顔の映像を見せ脳をスキャン。自由に見る場合と、目の部分だけを見る場合で、後者では自閉症の人たちで、皮質下系の過剰な活性化が見られたという。  皮質下系は、乳児期には人間の顔を表象するものを見た場合に活性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えっ、自閉症の遺伝率が50%。低い?

 1982年~2006年までに生まれた2049973人のスウェーデンの子どもを対象にした調査。37570組の双子、2642064組の兄弟姉妹、432281組の母が同じ兄弟姉妹、445531組の父が同じ兄弟姉妹、5799875組のいとこを対象にし、2009年12月31日時点での自閉症診断の結果を用い、年齢、誕生年、性、両親の精神疾患歴、両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自閉症児は安静時に情報生成が多い、それはミクログリアによる刈り込み不足に由来する?

自閉症ではない子どもに比べて自閉症児の脳は安静時により多く情報を生成するらしい。これが他人との関わり等の外部刺激への関心の欠如をうみ、あるいは、自己の内面への没頭という自閉症的特徴に寄与するのかもしれない。 Front Neuroinform. 2013 Dec 24;7:37. doi: 10.3389/fninf.2013.000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MDMA(エクスタシー)はセロトニン神経毒性を持つ

楽しみでMDMA(エクスタシー)を使うと、セロトニン2A受容体の長期継続的な増加を招くそうです。またセロトニン2A受容体の密度はMDMAの生涯使用量が多いほど高く、使用をやめても減らないそうです。つまりMDMA使用は慢性的なセロトニン神経毒性を招くんだとか↓。 Evidence for Chronically Altered Sero…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎嚢胞に関係する遺伝子を含む領域の欠損が統合失調症のリスクにかかわる?まじですか、例外知ってますが。

腎嚢胞/糖尿病症候群の責任遺伝子HNF1Bを含む17q12領域欠損を持つ人は、持たない人とくらべて、自閉症スペクトル障害や統合失調症のリスクが13.58倍高いとのこと↓。この手のリスク議論に例外が付き物なのは当たり前ですが、腎嚢胞&統合失調症の方を知っているし、わたし自身も腎嚢胞でASDっぽいと思っていたので、ちとびっくり。 De…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more