テーマ:精神障害

ギャンブル依存には併存障害があることが常識

 ぱちんこ依存問題相談機関リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)が4月に公表した2019年の電話相談事業報告書によると、2019年通年の総相談件数は5222件で、初めて電話をかけてきた相談者(初回相談)による相談件数は3203件。うち、相談者自身がパチンコ・パチスロによる問題を抱える「本人」だったケースは2662件だった。  本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル依存の回復支援では併存する精神疾患への配慮が必要

 ギャンブル障害には、アルコール使用障害、うつ、統合失調症、ADHDなどの併存障害が多いことはよく知られている。Dowling NA et al.(2015)によれば、アルコール使用障害 15.2%、薬物使用障害 4.2%、大うつ病性障害 29.9%、双極性障害 8.8%、統合失調症 4.7%、パニック障害 13.7%、社交不安障害 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳スキャンデータを人工知能で学習することで、精神障害の診断が出来るかもしれない

 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などの研究チームは、18~53歳の自閉症スペクトラム障害の患者さんと健常者計181人の脳を、fMRIで神経接続の強さについて検討。具体的には、脳を140領域に分け、二つの領域を結ぶ神経回路計9730組の状態を人工知能(機械学習、ディープラーニング)で解析。結果、特定の16組を調べれば、85%の正確さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂気と創造性、古典的な指摘の背景に遺伝子が・・・・

 これまでも、統合失調症や双極性障害を持つ人の親族には芸術家が高い割合で現れることが示されており、創造性とこれらの精神障害の間には何か遺伝的に共通する背景があるのではないかと考えられてきました。  Kari Stefanssonらは、この遺伝学的な背景を探るために、創造的な人物を全国的な芸術協会に属するか芸術を職業とする人と定義して研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more