テーマ:中高年

中高年期の、読書、パソコン操作、社会活動、ゲーム、クラフト活動はおすすめです

 WHO(2019)の認知機能低下および認知症予防についてのガイドラインでは、運動と禁煙を強く推奨し、アルコール使用障害への介入、地中海食、認知的トレーニング、体重管理、高血圧・高脂血・高血糖への介入を条件付きで推奨している(https://higeoyaji.at.webry.info/201907/article_7.html) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sex on the brain! すごい題名の論文で、セックスが認知機能を高めることが示されました

 イギリスの縦断調査、English Longitudinal Study of Ageing(ELSA)の第六波(Wave6)のデータを用いた研究。50~89歳の1万601人のうち、「過去12ヵ月で性行為を行ったか?」という質問にNOを含めて回答した(白紙回答でない)6,833人(男性3,060人、女性3,773人)のデータで、性行為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月3日から、NHKカルチャーラジオで、中高年のための脳トレーニング、そのテキストです。

10月3日から、NHKカルチャーラジオで、中高年のための脳トレーニング、全13回、が放送されます。一週間おき、12月26日までです。↓はそのテキストです。クリックでアマゾン、よろしければどうぞ。 NHKカルチャーラジオ 科学と人間 中高年のための脳トレーニング (NHKシリーズ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雀荘、ぱち屋をヘルスステーション化する構想

雀荘、ぱち屋をヘルスステーション化する構想、着々と進行中です。 雀荘のほうは、健康麻将協会との共同研究の中で出てきた話。麻雀中の脳活動や、健康麻将ユーザーの脳年齢から、麻雀は脳によさそうということになったが、認知症予防事業あるいはメタボ対策事業を視野に入れた協会、雀荘の展開を考えた場合、運動と食事をはずしては成り立たない。そこで、雀荘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターバル速歩と脳年齢

 昨年、インターバル速歩を続けている人と対照群について、蓼科高原脳トレツアーで開発した脳年齢推定システムを使って脳機能を追った。5月、9月、12月の三回の測定を行った。  結果、↓いずれの群も5月に比べ9月で脳年齢が有意に「若返った」が、9月に比べ12月ではインターバル速歩群のみ有意な「若返り」が認められた(「」内は便宜的な表記)。縦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サングッド楽習療法会

 ひょんなことから、サングッド楽習療法会というところとかかわりを持ってきた。頭や身体を使って脳を刺激して、認知症予防に役立てようとしている会だ。そこが、この1月から3月、千代田区から委託を受け認知症予防事業教室を行った。  特定高齢者、一般高齢者計15名(平均78.6歳)に、1月から3月末までの毎週水曜日10:30から1.5h、計12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不老脳が出ます。

不老脳(アスキー新書)が来週当たりから書店に並びます。本当の敬老精神の復活、それに見合うわれわれの「世のため人のため」という公の意識の強化が真のテーマです。 http://shinsho.ascii.co.jp/books/books/detail/978-4-04-870005-4.shtml http://www.amazon.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more