テーマ:脂肪

シナモンで肥満抑制??

 シナモンは漢方薬として使う場合は桂皮と呼ばれます。シナモンの香りを生み出す精油である桂皮アルデヒド(cinnamaldehyde)が、脂肪細胞の脂質代謝を改善するそうです。脂肪細胞の脂質代謝にかかわる酵素や遺伝子の発現を促したり、熱発生にかかわる蛋白質を増やして、この効果をうみだしているのだとか。  桂皮は肥満や高血糖を防ぐらしいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脂肪好きだが、甘いもの嫌いにかかわる遺伝子や脳内回路があるらしい

 4 型メラノコルチン受容体(MC4R)は視床下部や脳幹部で多く発現し、エネルギー代謝調節をはじめとする多くの生理作用を有している。POMC→α-MSH → MC4Rと働き、MC4Rをコードする遺伝子の変異によって、マウスでは食物の過剰摂取が起こり、脂肪分の多い食品を好むようになり、糖分を好まなくなることが報告されている。  ↓は、メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たばこ、ダメ押し

 世界では能動喫煙で約500万人、受動喫煙で約60万人が死亡し、日本ではそれぞれ約13万人、約1万5,000人が死亡していると推計されていますが、厚生労働省は8月31日、「喫煙の健康影響に関する検討会報告書(たばこ白書)案」を改訂、肺、口腔・咽頭、喉頭、鼻腔・副鼻腔、食道、胃、肝臓、膵臓、膀胱および子宮頸部の各種がん、肺がん患者の生命予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月、はら出ました。同じカロリーでもたんぱくを増やせばOK、、、ではないようです(悲しい)

脂肪量の増加は摂取カロリー量の増加によってであり、食事のたんぱく量の比率が高ければ脂肪増加は起きないということはないようです。それでもたんぱく質量が異常に少ない場合よりは普通または多い方が安静時エネルギー消費や除脂肪体重(ほぼ筋量)の上昇をもたらすそうで、同じカロリーならたんぱくは普通にとりましょう、というのが正解なようです。 Eff…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more