中年期の食事内容は認知症の発症とかかわらない?

 認知機能低下予防や認知症の予防に役立つこととして、有酸素運動や筋トレなどの運動、野菜・魚が豊富なバランスのいい食事、生活習慣病の予防や治療(血圧、脂血、血糖などの管理)、認知的活動、人とのかかわり社会参加などが、疫学データなどに基づきしばしばあげられてきた。日本でもそういう縦断調査は増えてきているが、日本も含め、これらの調査は5~10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双方向読み聞かせで子どもを賢くしたいなら、印刷物?

われわれは電子ものと印刷物で、英単語記憶、計算間違いチェック、商業レポート読解のパフォーマンスと脳活動を比較した。またPPTでのプレゼンテーションを手元紙資料とタブレットで比較した。結果、印刷物がパフォーマンスで上回り、それらしい脳活動も観察された。  ↓は2,3歳児の親子での読書時の比較。印刷した本の方が、親も子もよく話し、その質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブリング障害(ギャンブル等依存症)では欠かせない質問

 Lori Rugle(コネチカット州メンタルヘルス・アディクション対策部問題ギャンブル回復支援室長:2014年当時)によれば、ギャンブリング障害(ギャンブル等依存症)の生物学的因子を明らかにする質問として、以下の子ども時代についての質問が欠かせないという。 ・学校の特殊学級に割り当てられたことがありますか? ・あなたは、「劣等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の運動、わるくない

 運動は生活習慣病の予防のほか、海馬等を介して認知機能の低下抑制や向上に役立つことが知られています。また、運動の効果(身体的な)は連続運動である必要はなく、細切れでもOKなことが、松本市熟年体育大学リサーチセンターの研究などで明らかになっています。  しかし、夜の運動は身体の興奮を促し、眠りを浅くするのではないかとの懸念や報告もあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動⇒血小板活性化⇒海馬新生

 運動がBDNF(脳由来神経栄養因子)の分泌増や、Wint3などを介して、海馬での細胞新生を促すことが知られていますが、↓は、運動で血小板が活性化し、その結果として放つ血小板第4因子(PF4)が海馬歯状回の神経新生を促すというもの。  マウスの実験ではありますが、人でも血小板が運動で活性化しうることが示されているので、まあ、ありうるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい夫に思いやりを持たせるには??

 あるTVからこんな問い合わせがありました。 質問:「旅行は嫌いだからこれからは一人で行ってくれ」「誕生日パーティーは二人の誕生日の間を取って1回だけ祝おう」と言ったり、奥さんの作る手料理を美味しいと言ったことがない、など思いやりのない夫を思いやりある人にする方法はないですか? 回答:思いやり、協調性、調和性のちらばりの3~5割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタチン&降圧剤が認知機能に効くのは高血圧高脂血群

 高脂血症の治療薬スタチンや、アンジオテンシン受容体ブロック系の降圧剤を、約1600人の70歳ほどの高齢者(HOPE3参加者)に割り付け、6年後の認知機能テスト(DSST、the modified Montreal Cognitive Assessment、 Trail Making Test Part B)の成績変化を調べた。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢とAPOEε4の保有、四つの血中タンパクがあれば、アルツハイマー病がわかる

 アルツハイマー病の予測因子として、アミロイドβやタウタンパクが知られています。前者の測定には脳脊髄液中のAβ1-42低値が強くかかわりますが、この測定には侵襲的で高額です。そこでランダムフォレストという機械学習の一手法を使って、血中のたんぱく質などから、Aβ1-42低値を予測してみたところ、四つの血中たんぱく質 (CGA, Aβ1-4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつで肥満の場合、しっかり食べた上での運動と解決志向セラピーで効果?

 肥満とうつを両方抱える409人のランダム化試験で、通常ケアに比べて、食事をしっかりとったうえで運動させる体重減少の取り組みと必要に応じて抗うつ薬を使いつつ解決志向でセラピーすることで、BMIは-0.1に対して-0.7と有意に改善し、うつ症状は20項目でのうつ兆候チェックリストで、-0.1に対して-0.3とこれまた有意な改善を示したそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)の注目点

「ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)」で注目すべきは「PDCAサイクルによる計画的な不断の取組の推進」をうたっている点だと思います。これが基本的な考え方となることで、(案)で提案されている「ギャンブル等依存症対策」は仮設されたPlanに位置付けられます。金科玉条ではなく、Checkによって検証され修正され、より有効なActionへ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぱちんこなんて自由時間だけやっていればだいたい大丈夫

 PPDS(パチンコパチスロ遊技障害尺度、秋山ら)では61点以上で、直近一年間の遊技障害(パチンコ関連のギャンブル等依存)の疑いが生じます。  ぱちんこプレーヤーで61点以上と、61点未満で有意な差が認められた項目と、効果量、中央値を2017年報告から抜粋すると以下(https://www.syaanken.or.jp/?p=1012…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50歳以上の高齢者は3時間半以上のテレビ視聴で記憶力が減退するらしい

 イギリスの50歳以上の3662名のパネル調査。2008,2009年のテレビ視聴時間が、2014,2015年での言葉の記憶力(10個の単語を覚え、干渉課題を行った後に思い出すテスト)や語の流暢性(動物の名前を1分でできるだけあげる)に影響するかを調べたもの。デモグラフィック要因、社会経済的状況、よくうつ、身体的健康、健康行動、座位時間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターバルトレーニングはより体脂肪を減らすらしい

 松本市熟年体育大学ではさっさか歩きとゆっくり歩きを繰り返す、インターバル速歩を推奨しています。ただのウォーキングでは筋力が低下してしまうのを防ぐべく、さっさか歩きで負荷をかけ筋トレ効果を上げるためです。  ↓はやや違いますが、程々の運動を休まず続ける場合と、目いっぱいの運動を休みを挟んで繰り返す場合の比較。これまでの調査のメタ解析で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物起源のアルカロイド(cytisinicline)は禁煙に有効らしい

 植物起源のアルカロイドを使った禁煙薬cytisiniclineの 25日間投与結果が報告されたそうです。被験者全員の喫煙が有意に減少し、半数が禁煙に至ったそう。  cytisiniclineは脳のニコチン受容体と相互作用し、ニコチン離脱症状を緩和しつつ、喫煙の快を抑制する働きをすることで、この結果が生まれたそう。26日までで喫煙本数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっこめ反応とつまみ反応

 皮膚への刺激は痛みに対する防御的な反応の起点となるほか、「なで刺激」のように心地よさにつながる刺激もある。後者については皮膚の有毛部にあるGタンパク共役型受容体のMRGPRB4分子を発現している小さな感覚ニューロン集団の関与が指摘され、毛づくろいなどの快感刺激のもととなり、正の行動強化とかかわると考えられている。このニューロンはヒトな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぱちんこ関連のギャンブル等依存(ギャンブル障害)疑いリスクメモ

ぱちんこ関連のギャンブル等依存(ギャンブル障害)疑いリスクメモ 2017年社会安全研究財団報告(https://www.syaanken.or.jp/?p=10120)に基づくと、ぱちんこ関連のギャンブル等依存(ギャンブル障害)疑い、遊技障害疑い、と有意な関連の合った項目(過去一年でパチンコをしたことのある現役プレーヤーのうちで遊技障…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月1日~

フジテレビ、「とくダネ!脳活ジョニー」監修、月~金ときどき、9:43ころから。 フジテレビ、「今夜はナゾトレ」監修、火曜日、19:00-20:00。 BSフジ、「脳ベルSHOW」、月~金、22:00-22:55、朝など再放送、解説 SBC、「ラジオJ」、月一出演。 2月1日、11:00-朝倉先生。13:00-実験。17:00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝食抜きは太る、はウソ? むしろやせる?

 「朝食を抜くと太る」、常識のように言われてきた。朝食を抜くと筋肉が損なわれるなどして基礎代謝が低下し、結果的に太ってしまう。朝食習慣がダイエットにはだいじ。そういわれてきた。  しかし、↓の11の無作為化試験データをまとめた解析によると、朝食を抜くことは、当たり前だが摂取カロリーを減らし、体重を減らすのに役立っていたそう。貧困国の結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠りが浅くなると、記憶が定着しにくくなり、アルツハイマー病のリスクが上がる

 徐波睡眠というゆっくりした脳波が生じている時、人はぐっすり眠っている。そしてこの時、記憶が定着することが知られ、ぐっすり眠れなくなると記憶が定着しにくくなることが示されている。それだけではなく、アルツハイマー病の原因物質の一つ、アミロイドβの蓄積も増えることも知られてきた。  ↓は、さらにアルツハイマー病のもうひとつの関連物質、タウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッキングするベットだとよく眠れ、記憶も定着しやすいらしい

被験者18人の実験。左右に10.5 cm程ゆっくり(0.25 Hz)揺れるベットの効果は以下。 深い睡眠、睡眠維持、および記憶を促進する 速いスピンドルが増加、遅い振動のアップ状態と同期する シグマ波の増加と関連して記憶が改善する 連続ロッキング刺激は内因性睡眠振動を積極的に同調させ、深い眠りを促進する。 Aurore A. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べてすぐ寝ても影響なし?

 岡山大の研究。  血糖値の指標であるHbA1cはブドウ糖と結びついたヘモグロビン(血色素)で、過去1-1.5ヶ月間の平均血糖値を反映します。HbA1cは血糖と違い、食事の影響を受けないため食前・食後を問わずいつでも検査ができます。正常値は4.4〜5.8%です。  さて、糖尿病でもその前駆状態でもない日本の中高齢者を調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年の世界の健康10大危機

 WHO(世界保健機構)が、2019年の世界の健康への十大危機を、以下のように発表しました。 ・大気汚染と異常気象 ・不摂生や大気汚染で生じやすくなる糖尿病・癌・心疾患など ・世界規模のインフルエンザの大流行 ・水不足や戦争地域などでの困窮 ・抗菌剤への耐性がすすむこと ・エボラ熱やその他の極悪感染症の流行 ・一次診療の不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝要因と学業等の関連メモ

・イギリスの3000組の双子研究。大学入学資格試験の遺伝的要因の影響は57%、共有環境(ほほ家庭環境)の影響は12%、非共有環境の影響は31%、大学入学は51%、36%、13%、大学の質は57%、8%、35%、大学の卒業は46%、0%、53%(Plomin R et al 2018) ・子供のPGS(polygenic score:G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぱちんこによるギャンブル等依存についての質問です。

 ぱちんこによるギャンブル等依存についての質問です。専門家や関係者ならちゃんと答えられるようにしておきましょう。 問題  2017年のぱちんこによるギャンブル等依存についての5000人全国調査によると、ぱちんこによるギャンブル等依存を疑われる人が21人(40万人相当)いました。そのうち6名はDSM-5で9点相当(4点以上で疑い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統合失調症、双極性障害、知能

統合失調症と双極性障害では遺伝子上のオーバーラップがあることが知られている。一方で、統合失調症では認知機能の低下が併存する場合が多いことが知られているが、双極性障害と一般知能(IQg)との関連はあまり明らかではない。  ↓は統合失調症82,315人、双極性障害51,710人、および一般知能がわかっている269,867人についてゲノム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月1日~

フジテレビ、「とくダネ!脳活ジョニー」監修、月~金ときどき、9:43ころから。 フジテレビ、「今夜はナゾトレ」監修、火曜日、19:00-20:00。 BSフジ、「脳ベルSHOW」、月~金、22:00-22:55、朝など再放送、解説 SBC、「ラジオJ」、月一出演。 1月1日、打ち合わせ。東京泊。 1月2日、打ち合わせ。東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルコール血中濃度規制を厳しくしても事故は減らなかった

 交通事故の死傷事故の大半を飲酒運転が占めている。だから飲酒運転を減らそう、そのためにドライバーの血中アルコール濃度の規制を厳しくしていくことが各国で行われている。  では、実際、規制を厳しくすることで、事故は減っているのだろうか。  ↓はスコットランドで、2014年12月5日にアルコール血中濃度基準値が0.08g/dLから0.05…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の成熟に、母経由の、いわゆる環境ホルモンが影響?

 フタル酸エステル類やパラベン類、フェノール類などは、石けんやシャンプー、歯磨き粉、化粧品などの身近な日用品に防腐剤、抗菌剤として微量に含まれたりしている。そして、これらの物質は女性ホルモン様物質として以前からいわゆる環境ホルモン(内分泌攪乱性物質)の可能性が指摘され、女性の早熟とかかわるのではないかと議論されてきた。  ↓は、カリフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校の開始時間を遅らせよう?

 10代若者は平日が寝不足であり、社会的ジェットラグ(平日と休日の睡眠中央時間がずれ、それが時差に当たる)をこうむっている場合が少なからずあります。  そこでシアトルの2つの高校で、2016年から2017年にかけ、授業開始時間を1時間ほど遅らせる試みをしました。その結果、生徒の毎日の睡眠時間がおよそ半時間超(34分間)増え、眠気が減り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月太り対策

 この時期、欧米ではクリスマス休暇太り、日本では正月太りが話題になる。クリスマス一日の摂取エネルギー量は6000カロリー、これは推奨摂取カロリーの三倍にも及ぶ。かつ座位行動が増え、体重増が起きる。これは徐々に解消されるが、しかし次のクリスマス休暇までには解消しきれず、10年で5~10kg増えるんだとか。飲んじゃうしね。  ↓はこのクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD新薬、過活動、注意散漫両方に効くらしい

 Supernus Pharmaceuticals社のADHD(注意欠如・多動症)薬SPN-812(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害経口剤)の高用量(400 mg/日)投与で、一週間でプラセボとの有意差が認められ、6週間後の投与完了まで維持されたそう。  この一連の第3相試験は来年2019年四半期末までに判明し、2019年後半には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的活動は後年の認知機能の高さとかかわるが、低下抑制にはかかわらない

 知的活動への参加は認知機能低下予防や、認知症の予防にかかわる可能性が、疫学データから考えられてきた。しかし、それは幼児期の能力や教育が影響したものに過ぎず、縦断的研究では知的活動が認知機能低下予防に役立っていないのではないかという研究。  ↓は、スコットランドの1936年生まれ498例を対象に、縦断的前向き調査を行った結果の報告。知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を夢中にさせる、引きつける、楽しくさせる、興奮させる脳の物質は?

某雑誌(ぱち系ではない)の取材依頼への返信。取材でやや違った方向に膨らんだので、原稿のテイストはだいぶ変わるが下記は下記で面白いと思うので、ここにメモしておきます。 ●人を夢中にさせる、引きつける、楽しくさせる、興奮させる脳の物質としては、ドーパミン以外にどういった物質がありますか? ノルアドレナリン:脳の覚醒水準を決める:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぱちんこユーザーの年間負け額の分布

 ぱちんこユーザーの年間負け額は過大に評価されたり、過少に評価されたりする。下表は、甘海、北斗無双のシミュレーションデータとダイコクSIS白書の諸データに基づき、ユーザーの負け額の年間負け額を算出し、その分布を示したもの。ギャンブル等依存症対策を論じる場合、あるいは、臨床的にぱちんこ依存への対応を行う際、実際の負けのありうる範囲を知って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体がダイエットを破たんさせようとしても、自己管理が上回りうる

 低カロリーダイエットが失敗するのは、食べ物に対する自己制御を打ち壊すように、ダイエットに対するホルモンの適応が起こることによると考えられてきた。この仮説を検証するため、エネルギーバランスに関連するホルモンとfMRIで食べ物刺激に対する脳活動を調べた。対象は24人の過体重または肥満の人を対象に、低カロリーダイエット前と、1か月後、三か月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜、果物の積極的な摂取は認知機能の低下を抑制しうる

 野菜や果物の摂取が認知機能に与える影響を調べた研究↓。1986年に51歳だった27842人の医療従事者について多項ロジスティック回帰分析によって、野菜や果物摂取が将来の認知機能にどのような影響を与えるかを調べたもの。  野菜や果物の摂取量は2002年まで4年ごとに行われた食物摂取頻度調査によった。認知機能は2008年と2012年に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル等依存を考えるとき、DSM‐ⅣとDSM‐5では「障害疑い」が拡張している

 日本で使われている「ギャンブル等依存症」の範疇は、ギャンブル等依存症対策基本法(http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=430AC1000000074)が出来上がった今でも、ほわっとしており、定義がないかのように見えます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふーん、ヤギも笑い顔が好きらしい

 家畜化は人といる環境に、動物の生理や行動を適応させていくプロセスともいえる。そのため、人の表情表現は、犬や猫のような人と近しいところで活動する家畜化された生き物にとって重要な情報となる。しかし、ヤギのように最初から家畜化されてきた他の動物では、人の感情をキューとして受け取っているかは不明だった。  そこで、ヤギは見知らぬ人の異なる感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の移住で置き去りにされた子どもは心身の健康問題を抱えやすい

106167人の移民で置き去りにされた子どもと思春期若者と、158800人の対照群の比較。国内の労働による移住については中国のデータを用いたそう。  結果、置き去りにされた子どもたちでは、抑うつのリスクが高く、抑うつスコアが1.52倍(1.27-1.82)、不安が1.85倍(1.36-2.53)、自殺念慮が1.70倍(1.28-2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの運動ガイドライン

 米国では早期死亡の原因の10%を運動不足が占めるそう。もし、4人に1人が運動不足を解消すれば7万5,000人の死亡を抑制できるとか。  成人は週あたり、「150~300分の中強度の有酸素運動または75~150分の高強度運動」+「週二回の筋力トレーニング」が推奨されているが、これをみたしているのは男性26%、女性19%。10歳代の若者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の社会的コストは14兆5千億円。うち、公式非公式の介護費用が12兆5千億。

 慶應義塾大学の佐渡先生らの研究。有病率に基づくアプローチを用いて社会的視点から認知症のコストを推定。確率論的モデリング。  結果、2014年の日本の認知症による社会的コストは、14兆5,000億円。医療費1兆9,100億円、介護費6兆4,400億円、非公式の介護の費用6兆1,600億円。認知症患者1人当たりの費用は、595万円。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早生まれでADHDは誤診かもしれない?

 米国の2007~2009年から2015年まで、407,846人を調べた結果、8月生まれの子は9月生まれの子に比べて7歳時点でのADHD診断率が1.34倍高かったそう。こうした傾向は喘息、糖尿病、肥満では見られず、日本では3月生まれに当たる子どもたちで、ほぼ一年遅く生まれ幼いこととADHDである可能性とが見分けられず、誤診された可能性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月1日~

フジテレビ、「とくダネ!脳活ジョニー」監修、月~金ときどき、9:43ころから。 フジテレビ、「今夜はナゾトレ」監修、火曜日、19:00-20:00。 BSフジ、「脳ベルSHOW」、月~金、22:00-22:55、朝など再放送、解説 SBC、「ラジオJ」、月一出演。 12月1日、14:30-16:00、滋賀県PTA大会、講演。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝食抜きはリズムが狂う、太る、眠い? あなたの社会的時差は?夜型も大切に

 体内時計(時計遺伝子)がサーカディアンリズム(概日周期)の制御によくかかわることが知られています。とくに視交叉上核にある体内時計は24時間よりやや長い周期を持ち、これがメインの体内時計として、光の刺激によって睡眠の周期などにかかわることが知られています。一方、体内時計はそこかしこにもあり、たとえば肝臓にある体内時計は脂質の代謝や体温調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスク家庭の子どもに対する教育的介入は世の中にとってだいじらしい

アベセダリアン・プロジェクト(ABC)は、米国ノースカロライナ州で実施された教育経済学では著名な介入研究。リスクを抱える低所得家庭の新生児111人(1972~1977年に誕生)を対象。98%はアフリカ系アメリカ人。  生後5年間、57人には、週に5日、1日6-8時間の保育を実施。言語活動に特化した知能ゲームを行った。他は、基本的なヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のあれこれで言語発達遅滞?ADHD?

 まずは環境ホルモン系の研究。フタル酸エステル。フタル酸ジブチル(DBP)およびフタル酸ブチルベンジル(BBP)。  スウェーデンか米国の長期観察研究に参加した妊婦とその子ども、スウェーデン963組、米国370組の分析。子どもが理解している単語の数を聞き、生後30~37カ月で理解できる単語の数が50個以下なら言語発達遅延と判定。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多様性を志向するとは、遺伝性に配慮することであり、遺伝性が個性の源泉?

多様性を志向するとは、遺伝性に配慮することであり、遺伝性が個性の源泉なのかもしれません。 五つのライフスキルを高めることが子どもの将来の幸せをうむ? 勤勉性と好奇心が成績を決める 以前このコラムで、オーストラリアの大学の研究を紹介しました。大学生の成績は知能(IQ)以上に性格で予測できるというものでした。具体的には勤勉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more