ギャンブル依存には併存障害があることが常識

 ぱちんこ依存問題相談機関リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)が4月に公表した2019年の電話相談事業報告書によると、2019年通年の総相談件数は5222件で、初めて電話をかけてきた相談者(初回相談)による相談件数は3203件。うち、相談者自身がパチンコ・パチスロによる問題を抱える「本人」だったケースは2662件だった。
 本人の初回相談2662件のうち、パチンコ・パチスロ以外の関連問題の有無について聴き取ることができた1648件のうち、問題が併存していたケースが607件(37%)だった。パチンコ・パチスロ以外の関連問題(複数回答)のうち最も多いのが、統合失調症やうつ病、発達障害、双極性障害など「狭義の精神障がい」で369件(61%)。次いで「精神障がいその他」で206件(34%)。「精神障がいその他」は、①狭義の精神障がい以外の精神的な問題(うつ状態、人格障がい、不安障がい、適応障がいなど。医師の診断によらない本人申告を含む)、②精神科医療機関に通院中だが病名を告知されていない、③精神科医療機関に通院中だがRSN電話相談では病名を明かしたくない、の3つに該当したケース。「アルコール」の問題が併存していたケースは35件(6%)だった。
 https://amusement-gaming-research-japan.blogspot.com/2020/05/4.html?fbclid=IwAR0tPdNZAGKGr5Eyz0GY7RgahnVWzIXehrlxBImwonEGHmPSFLCzVVJJt0c
 実はこの併存障害問題、諸外国では繰り返し報告されており、Dowling NA et al.(2015)だと、アルコール依存症 15.2%、薬物依存症 4.2%、大うつ病性障害 29.9%、双極性障害 8.8%、統合失調症 4.7%、パニック障害 13.7%、社交不安障害 14.9%、PTSD 12.3%、ADHD 9.3%、など併存障害全体では74.8%。
 National Center for responsible gambling 2017 だと、64%が不安、うつ、PTSDなど三つ以上の精神疾患を併存、22%が二つ以上、10%が一つ、ギャンブリング障害のみは3.7%。
 発達問題、知能問題を加えるとさらに。
 ゲーム依存でもこの問題、特に発達問題の指摘は多い。
 また、こうした併存障害問題が、ギャンブル障害での遺伝率50%、共有環境の影響(家庭の影響)0%にも通じると思われる。

"ギャンブル依存には併存障害があることが常識" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。