バソプレッシンは寝る前に脳でも作られる

バソプレッシンは抗利尿ホルモンとして知られ、体液レベルに反応し、体液の濃度を調整する働きをする。↓はそれだけでなく、睡眠中の脱水状態に備え、寝る前にバソプレッシンを脳で作り、抗利尿によって体液濃度を保つことが明らかになったそう。それでか。
Clock-driven vasopressin neurotransmission mediates anticipatory thirst prior to sleep.
Gizowski C, Zaelzer C, Bourque CW.
Nature. 2016 Sep 29;537(7622):685-8. doi: 10.1038/nature19756.

"バソプレッシンは寝る前に脳でも作られる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント