おなかがすいている方が物覚えがいいらしい

 共同通信 2016年8月24日 (水)配信によると、ショウジョウバエの実験で、あるにおいと電気ショックの組み合わせ、および、べつなにおいと電気ショックなしのくみあわせを学習させたところ、おなかのへっているショウジョウバエほど学習成績が良かったとか。また空腹時、強化学習に強くかかわるドーパミンの分泌が1.5倍になっていたとか(東京都医学総合研究所、長野慎太郎先生ら)。
 以前(2006年)、空腹時に胃から分泌されるホルモン・グレリン(Ghrelin)は、視床下部への作用を介して、エネルギーバランスと成長ホルモンの分泌を調節していますが、このグレリンが海馬の神経に結合して、樹状突起のシナプス形成と長期増強(LTP)の形成を促進し、空間学習・記憶を増強することが報告されています。しかも、グレリン遺伝子を遮断すると、CA1領域でのシナプスの数が減り、マウスの行動記憶テストの成績が低下、グレリン投与で速やかに回復だそうで、学習はやや腹減りが大事ですかね。
Ghrelin controls hippocampal spine synapse density and memory performance.
Diano S, Farr SA, Benoit SC, McNay EC, da Silva I, Horvath B, Gaskin FS, Nonaka N, Jaeger LB, Banks WA, Morley JE, Pinto S, Sherwin RS, Xu L, Yamada KA, Sleeman MW, Tschöp MH, Horvath TL.
Nat Neurosci. 2006 Mar;9(3):381-8. Epub 2006 Feb 19.

"おなかがすいている方が物覚えがいいらしい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント