肌の色が薄いのはたった一人の遺伝子変異に起因するらしい

ヨーロッパの人たちは肌の色が淡いですが、この肌の淡さに寄与する遺伝子変異はA111Tだそうで、この変異はおよそ1万年前に中東とインド亜大陸の間のどこかの場所で生まれたたった1人の人間の染色体に由来するらしいそうです。
G3 (Bethesda). 2013 Nov 6;3(11):2059-67. doi: 10.1534/g3.113.007484.
Molecular phylogeography of a human autosomal skin color locus under natural selection.
Canfield VA, Berg A, Peckins S, Wentzel SM, Ang KC, Oppenheimer S, Cheng KC.
Author information

"肌の色が薄いのはたった一人の遺伝子変異に起因するらしい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント