霧ヶ峰、自然体験、ごむうんち

土曜日は「自然体験」という授業で霧ヶ峰に行った。自然写真家の西村先生が講師。七島八島の高層湿原をスタートに、蝶々深山、車山山頂、車山肩。写真が今一つで申し訳ないがレンゲツツジが最盛期だった↓。
画像

西村さんと歩くと、いろんな発見をさせてくれる。こだぬきの足跡。きつねのうんち、ゴム入り。やっぱり、ゴミは持ち帰るべし。弁当にゴムをつけたまま置いていくと、こうなってしまう。ま、エコのリアルとはこんなこと。
画像

画像

これだから諏訪東京理科大の教員はやめられない。脳のトリビアを知っていることより、キツネのマーキングのにおいがわかるほうがかっこいい。自然体験をとった学生は、みな、キツネのおしっこのにおいを知ることになる。あれそっくりなにおいを雪の上でかぐ。北海道では危険だが。

"霧ヶ峰、自然体験、ごむうんち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント