子ども~青少年のキレやすさメモ

・衝動性、攻撃性に関わる神経科学的実験モデル
1)情動制御障害・・・前頭前野、扁桃体、海馬、視床下部、前部帯状回、島、腹側線条体など。特に不安や怒りなどネガな情動の処理はには扁桃体と前頭眼窩部、腹内側部が関わる。この不全が情動コントロールの欠如を生む(Davidsonほか)。通常不快な場面での反応の小ささ→課題開発の余地。
2)行動を抑制する力の障害・・・GO/NO-GO、STOP Signal課題。落ちている?高齢者の方が・・。右中下前頭回、頭頂葉。課題が推敲できてもこの部位の活動が低い場合がある。5HT2Aでコミッションエラー多い。
3)待つ力の障害・・・・遅延による値引き実験、例えば、今の100円と6日後の120円のどちらを取るか、など。手っ取り早く手に入る報酬を好む傾向。短期の報酬:前頭眼窩部、腹側線条体など。長期の報酬:背外側部、下頭頂小葉、背側縫線核、背側線条体、など。5HT低下で値引きが強くなる。
→虐待サル・5HT低下(非遺伝性)、社会疎外条件で計算課題時の脳活動が変わる(ヒト)
4)将来・・・将来の出来事予測といつ起こるか予測。
5)罰に対する感受性の低さ・・・ADHD、CDなど。罰回避でDA関与。
6)自己統制力・・・注意コントロール???
7)焦燥
8)怒りスケール
・少年犯罪
1)少年人口比右肩上がり、第一波S26、第二波S39、第3波S58、第4波?
2)少年殺人犯、100前後、増えていない。
3)猟奇的なもの、真面目な人が・・、は昔から。
4)群発性(自殺、犯罪)
5)メディア
6)発達障害、複雑性発達障害←ゲームなどの影響を受けやすい

"子ども~青少年のキレやすさメモ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント