差別的な発言について

ジェンダー平等、人種的偏見の追放、年代差別などが話題になっています。
今日はまず人はどうして、男は~、女は~、白人は~、有色人種は~、高齢者は~、若者は~、など属性で判断したがるのか、脳の仕組みから考えていきます。
私たちの脳はほかの動物に比べて、おでこのあたりの脳、前頭前野が発達しています。この前頭前野はワーキングメモリと言って、記憶や情報を一時的に保持しながら、組み合わせて考える機能を持っており、その機能のおかげで、今までにない環境や出来事に新たに対応していく力を得ました。
ただ、このワーキングメモリには容量の制約があって、一度にたくさんの情報や記憶は扱えません。「あれ」「これ」「それ」、せいぜい「その他」くらいが同時処理、あるいは、入れ子処理の限界です。だからものを考えるとき、あらゆる情報をすべて考慮することはできず、男というのは~だから~、女は~、白人は~、有色人種は~、高齢者は~、若者は~、この場合は今までは~、一般的には~、など経験から得られた属性判断を利用して、省略的に考えます。
実は人の脳は層状の入れ子構造を持つことで、これまでの経験から、自動的にカテゴリーを作り出す力を持っています。その構造を模して作ったのがAI、深層学習で、機械にはこれまでできないと思われていたカテゴリー生成ができるようになりました。
というわけで、われわれはこれまでの経験や学習した知識などから、カテゴリーを作り出し、素早く判断します。そのことで、大きく変動する環境に対応し、新しい世界を作ってきました。動物はその力が弱いので、慣れた環境やパターン以外に対応することが難しいのです。
ですから、男は~、女は~、白人は~、有色人種は~、高齢者は~、若者は~、など属性で判断したがるのは、人の脳のクセ。進化の結晶であり、進化のツケです。
では、このツケと付き合いながら、ジェンダー平等、人種的偏見の追放、年代差別、もっと言えば、○○さんは~だから××、という人格へのラベリングと戦っていけばいいのか。
わたしは、そのヒントが「people first言語」を使うという作法にあると思っています。以下はBroylesの引用です(西村先生訳)。
ピープルファースト言語とは、文字通り、その人の行動や状態を説明する言葉よりも、その人を表す言葉を優先したものです(篠原注:英語表現で人を示すpeopleなどが前に来て、その後にwithなどをつけ属性を説明する)。障害やメンタルヘルスの分野で最近よく言われるもので、個人の状態、病気、または行動が「その人が誰であるかの一側面にすぎず、特徴を定義するものではない」という事実を強調するのに役立ちます 。嗜癖(addiction)の領域では、「alcoholics:アルコール中毒者(使用障害)」、「addicts:嗜癖者」、さらにはより一般的な「使用者(篠原注:これはかなりましな表現)」などの用語は、病気によって人々をグループ化し、特徴づけ、レッテルを貼る用語であり、そうすることで、経験における個人差を言語学的に消去してしまっています(篠原注:さらに状態の流動性を消去してしまう。健全なときは案外多く、その拡大がだいじな治療的戦略)。その代わりに、「person with a cocaine use disorder:コカイン使用障害がある人」、「adolescent with an addiction:嗜癖を有する若者」、「individuals engaged in risky use of substances:危険な薬物使用をしている人」など(の表現)は、何よりもまず、影響を受けた個人の個人としてのアイデンティティを強化します。
Broyles, L. M., Binswanger, I. A., Jenkins, J. A., Finnell, D. S., Faseru, B., Cavaiola, A., ... & Gordon, A. J. (2014). Confronting inadvertent stigma and pejorative language in addiction scholarship: a recognition and response.

何かを考えるとき、カテゴリーを使って考えるのを捨てることはできません。それが脳の進化の宿命だからです。しかし、頭の中で、person with~とすることで、属性的な偏見をある程度回避できるのと同時に、personの人格を一定のものとして、これまた属性のようにして批判する態度を留保できます(いわゆる人格批判)。with~、with以下はときおりの話に過ぎないのです。

余談ですが、「男だろう」「男になれ」を持ち上げた方々の森さん批判はしっくりきません。
また、学会誌 international gambling studies に投稿する時は、people first言語に配慮が求められます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント