依存チェックは極めて幅広

① 過去1年間、私はパチンコ・パチスロのことがいつも気になって仕方がなかった。
あてはまらない(1点)、どちらかといえばあてはまらない(2点)、どちらかといえばあてはまる(3点)、あてはまる(4点)
② 過去1年間、パチンコ・パチスロは、ストレスから逃れるために私にとってなくてはならないものだった。
あてはまらない(1点)、どちらかといえばあてはまらない(2点)、どちらかといえばあてはまる(3点)、あてはまる(4点)
③ 過去1年間、私はもっとお金を得たいと思うあまりに、パチンコ・パチスロに使う金額が増えてきた。
あてはまらない(1点)、どちらかといえばあてはまらない(2点)、どちらかといえばあてはまる(3点)、あてはまる(4点)
④ 過去1年間、パチンコ・パチスロを打つ回数を減らしたら、私は気持ちが落ち着かなくなった。
あてはまらない(1点)、どちらかといえばあてはまらない(2点)、どちらかといえばあてはまる(3点)、あてはまる(4点)
⑤ 過去1年間、私自身のパチンコ・パチスロによる負けや借金を隠すために、うそをついたことがあった。
まったくない(1点)、ほとんどない(2点)、時々ある(3点)、よくある(4点)
⑥ 過去1年間、私はパチンコ・パチスロを打つことによって、経済的な困難におちいり、お金を出してくれるように頼ったことがあった。
まったくない(1点)、ほとんどない(2点)、時々ある(3点)、よくある(4点)

パチンコ・パチスロによるギャンブル障害(遊技障害)は上記合計15点以上で、DSM‐5基準(4点以上)で疑い相当。「どちらかといえばあてはまらない(ほとんどない)」3個、「どちらかといえばあてはまる(時々ある)」3個で15点、疑い相当。その程度にリスクを広くとっている。
上記はパチンコパチスロ遊技障害尺度短縮版
依存チェックはこれに限らず、極めて幅広にリスクスクリーニングをしていることは知っておこう。

ぱちんこにおけるギャンブル等依存症とは?
https://higeoyaji.at.webry.info/202004/article_3.html
ギャンブリング障害の診断基準
https://higeoyaji.at.webry.info/202004/article_12.html

DSM-5、ICD-11、ギャンブル等依存症対策法でのギャンブル障害の関係図
プレゼンテーション1.pptx

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント