前頭前野と線条体領域の白質の萎縮が行動嗜癖のバイオマーカーかもしれない

 これまで、ギャンブリング障害やゲーミング障害と、複数の脳領域の灰白質の変化のかかわりが報告されてきました。しかし、これらの調査は再現性に乏しく、行動嗜癖での灰白質についてメタ分析する必要がありました。  結果、行動嗜癖障害を持つ505人と564人の健康な対照群を含む20件の研究が、基準を満たし、これらについて検討しました。健康なコン…
コメント:0

続きを読むread more

行動嗜癖の治療は薬物使用障害同様、短期的には効果を示すが、厳密な臨床試験が足りない

 インターネット嗜癖障害、性嗜癖障害、買い物嗜癖障害は行動嗜癖の一種であり、ギャンブリング障害や薬物使用障害との類似点が指摘されがちです。しかし、これらのいついての治療の有効性についてはほとんど調べられていません。↓はこれまでの研究のメタ分析です。  合計3,531人の91の研究から、インターネット嗜癖障害、性嗜癖障害、買い物嗜癖障害…
コメント:0

続きを読むread more