血清コレステロール高値は肝がんの抑制に役立つらしい

 コレステロールは生活習慣病とかかわり、低値がいいと考えられがちですが、いわゆる善玉コレステロールは多い方が望ましいですし、男性ホルモン、女性ホルモンはコレステロールです。またストレス関連物質コルチゾールは活性化物質でもありますが、アンチストレス物質のDHEAともどもコレステロール由来です。  ↓はさらに肝がんの抑制に血清コレステロー…
コメント:0

続きを読むread more

ストレスで白髪化が加速するのは、ノルアドレナリンによるメラノサイト幹細胞の特殊化ゆえ

 白髪化の原因として、MITF遺伝子の減少が指摘されています。MITF遺伝子はメラノサイトで発現し、メラノサイトやチロシナーゼを活性化、メラニンの産生を促し、白髪を黒髪化します。そのMITF遺伝子が減少すると白髪化が進むわけです。  ↓は、ストレスと白毛化の加速についてそのメカニズムを明らかにした研究。毛の色素の喪失には、上記のほか、…
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム時間がゲームの制御不全や心理的問題の原因というわけではないらしい

ゲーム時間は、ゲームの制御不全や心理的な問題と相関するが、ゲーム時間が制御不全や心理問題の原因ではなく、フラストレーションを抱えていることがゲーム時間を長くし、心理的な問題を生み出しているらしい。ゲーム依存を訴える医療関係者や施策を検討する人々はこの因果の逆転に注意を払うべきだ。 Investigating the Motivatio…
コメント:0

続きを読むread more

中高年期の肥満は認知症のリスクだが、運動不足は認知症の結果かもしれない。

 WHOの2019年、認知症及び認知機能低下予防に関するガイドラインでは、運動や禁煙、地中海食やバランスのいい食事、認知的トレーニング、過体重や肥満への介入、糖尿病、高脂血症への介入などが推奨されている(https://higeoyaji.at.webry.info/201907/article_7.html)。一方で、運動不足や食事内…
コメント:0

続きを読むread more

コカイン使用障害におけるオキシトシン効果は、性別とトラウマ体験の有無で異なるらしい

 依存症には自己治療仮説がある。何かに依存するのは、こころや体の痛みやストレスから逃れるためで、たとえばトラウマの疼きを自己治療するように薬物等を使用するといったものです。脳でいえば、単に腹側被蓋、側坐核、線条体、腹内側前頭前野といった快感系に出来上がったニューラルネットワークが問題なのではなく、痛みにかかわる島皮質や、嫌悪にかかわる偏…
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム依存やぱちんこ依存の予防に役立つと思われる質問

 われわれの調査では、ぱちんこ依存では「自由にしていい時間で遊ぶ」「上限を決めて遊ぶ」といった健全なぱちんこ遊技の仕方にかかわる質問項目を含めて、依存得点を予測する式を作ると、こうした「健全ぱちんこ項目」の影響(寄与)が遊技量(頻度、時間、負け額など)をはるかにしのいで強くなる。  依存得点の項目には、やめようと思ったが失敗した、など…
コメント:0

続きを読むread more

父親のde novo変異と自閉スペクトラム障害

 父親の染色体に生じるde novo変異(親から受け継いだ変異ではなく、ある個体において新しく発生した変異)は、自閉症のリスクで受胎時の父親の年齢と相関することが知られています。そのため、将来の妊娠を避けることを選択する場合がありますが、親の性腺のde novo変異がどういう影響をするのかは十分に理解されてはいません。  そこで、子孫…
コメント:0

続きを読むread more

医療情報の読み方(ギャンブル障害の一例)

「ギャンブル等依存症を予防するために」平成31年指導参考資料より   こういう症例研究や体験談を読むときには、アルコール使用障害についてのDSM‐5の次の記載などを踏まえてほしい。 「治療を受けに来る人達が典型的には長年にわたる重度のアルコール関連問題を抱えているという事実から、しばしばアルコール使用障害が手に負えない障害であると誤…
コメント:0

続きを読むread more

うまく描くとは、しっかり見て(想像せず)描くことなのかもしれません。素人ほど想像してしまう。

見ているものをどう捉えるか(conscious perception)は脳の視覚野(visual cortex)ではなくより高次の脳領域・前頭皮質(前頭葉)が担うことがしられています。 Neural Correlates of the Conscious Perception of Visual Location Lie Outsi…
コメント:0

続きを読むread more

遊技障害⇔認知のゆがみ、ぱちんこにおけるギャンブル障害に及ぼす認知のゆがみ

 新たに開発した「パチンコ・パチスロ版認知の歪み尺度」を用いて、パチンコ・パチスロに関する8つの「認知の歪み」を取り上げ、それらがパチンコ・パチスロ遊技障害に及ぼす影響について3回にわたる縦断調査を計画し、現在2回目の調査を終了した。これまでの調査結果からは、8つの「認知の歪み」のうち、次のような4つの「認知の歪み」が遊技障害に影響を及…
コメント:0

続きを読むread more