老化は4歳、60歳、78歳で急速に進む。。。。。

 ↓の研究のTony Wyss-Coray は2014年に若者の血液を輸血すれば老齢ネズミの体や脳が若返ることを示しています(https://higeoyaji.at.webry.info/201405/article_4.html)。このことは血液の加齢に関連する分子変化が加齢への新しい洞察を提供できるという仮説を支持しうるわけで、今…
コメント:0

続きを読むread more

GDF15が体重やエネルギーバランスへのメトフォルミンの作用を修飾する

 メトホルミンは糖尿病の薬として世界で最も用いられています。その効果の60%強はメトホルミンの体重減少効果によります。しかし、メトホルミンがどのようにして体重を減らすのか、そのメカニズムはよくわかっていません。  ↓は分化増殖因子のひとつ、GDF15がメトホルミンの作用を媒介するという研究。GDFではGDF11が若返り因子として注目さ…
コメント:0

続きを読むread more

中年は一日10分の運動で言語記憶が良好?

 認知症の予防や認知機能低下予防に、WHOは運動を強く推奨している(https://higeoyaji.at.webry.info/201907/article_7.html)。また米国保健福祉省(HHS)は健康のため運動を推奨しているがそのガイドラインでは週150分の運動を推奨している。またある程度の強度ある運動を推奨している。  …
コメント:0

続きを読むread more

人の意見を聞き入れるのは、同じような意見の時だけらしい

 人は意見を持つとその意見に固執しがちです。その脳的メカニズムの一端は玉川大の出馬先生らによって明らかにされています。いわゆる「すっぱいブドウ」効果です。  出馬先生らは大学生男女20名にMRIスキャンをしながら160種類の食べ物(コンビニエンスストアなどで売られている商品)に対する好みの度合いをひとつづつ回答してもらいました。すると…
コメント:0

続きを読むread more

快感を思い出しているときにケタミン注射で、飲酒量抑制。ギャンブリング、ゲーミングでも???

 世の中の人は、記憶は思い出すたびに強化されると思っている。それが復習。実際、復習によって忘れる速度が低下していき、長期記憶化しやすくなることは古くから知られてきた。しかし、記憶の固定(定着)過程はもう少し複雑で、実は、記憶は呼び起こされたとき不安定化する。それから新しい情報も取り込みつつ再統合、固定がすすむ。  そしてこのプロセスへ…
コメント:0

続きを読むread more