超長寿者の免疫力はCD4陽性キラーT細胞が支えている?

 T細胞は、他の免疫細胞を助けるCD4陽性ヘルパーT細胞とがん細胞などを殺すCD8陽性キラーT細胞に分類されます。しかし、理化学研究所の橋本先生らの研究によれば、110歳以上のご長寿の方では、通常はないCD4陽性キラーT細胞が特異的に増加していたとか。
 彼らは、110歳に到達したスーパーセンチナリアン7人と50~80歳の5人から採血、免疫細胞を1細胞レベルで解析したそう。結果、スーパーセンチナリアンでは、免疫システムの司令塔の役割を果たすT細胞の構成比が50~80歳と大きく異なり、キラーT細胞が多かったとか。しかも、普通、キラーT細胞はCD8陽性なのに、センチナリアンでは通常は少量しか存在しないCD4陽性キラーT細胞が高い割合で存在していたそう。
 どうもこのT細胞はクローン性の増殖をしているらしく、高齢化に伴ってCD4陽性キラー細胞をクローン増殖することで、免疫力を高め、それが長寿化の一因になっているのではないか、とのこと。
Kosuke Hashimoto, Tsukasa Kouno, Tomokatsu Ikawa, Norihito Hayatsu, Yurina Miyajima, Haruka Yabukami, Tommy Terooatea, Takashi Sasaki, Takahiro Suzuki, Matthew Valentine, Giovanni Pascarella, Yasushi Okazaki, Harukazu Suzuki, Jay W. Shin, Aki Minoda, Ichiro Taniuchi, Hideyuki Okano, Yasumichi Arai, Nobuyoshi Hirose, Piero Carninci, "Single-cell transcriptomics reveals expansion of cytotoxic CD4 T-cells in supercentenarians", Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS), 10.1073/pnas.1907883116

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント