幼児期に伸ばすべきは、実行機能か、社会性と情動のスキルか、国語力や計算力か

 2019年、ペンシルバニア大のシャロン・ウルフらは、ガーナの3862人の子どもたちについて、平均5.2歳ころをスタートに二年おきに調査を行い、実行機能と、社会性と情動のスキル、国語力、計算力の関係を調べた結果を報告しました。
 実行機能は計画を立て順序良く物事をこなしていくことができる力で、実行機能の背景にはワーキングメモリ(作業記憶)の力、すなわち、記憶や情報を一時的に保持しながらあれこれ操作する力が必要です。
社会性と情動のスキルは、よくIQ(知能指数)と対比されるEQ(情動性知能)的なもので、社会のルールや、他者や自分の心を理解し、適切に対処していく能力です。

アカデミックな能力がだいじ

 その結果、初期の(幼児期から小学低学年期の)実行機能は、その後の国語力や計算力を予測したそうです。また、初期の国語力や計算力はその後の実行機能を予測したそうです。
つまり、幼児期の実行機能の力、あるいはワーキングメモリの力が強いと、その後、国語や算数の成績がよくなりやすく、また幼児期に読み書き計算が出来ていると、その後、ワーキングメモリや実行機能の力が伸びやすいというのです。シャロン・ウルフの言い方を借りれば、実行機能と学業成績は長年にわたって相補的な関係にあるのです。
 さらに、初期の国語力や計算力がその後の社会性と情動スキルを予測するそうですが、初期の社会性と情動スキルはその後の国語力や算数の力を予測しないのだそうです。
 社会性や情動のスキルはとても大事です。みなの気持ちがわかる心は必要ですし、伸びていってほしい力です。しかし、トレーニングとしての効率性を考えると(効率性を考えることが正しいことかはいったんおくとして)、幼児期では実行機能や学校的な力(シャロン・ウルフはアカデミックな力と呼んでいます)を伸ばしておくことがより有効なのです。アカデミックな力を伸ばすことで、社会性や情動的なスキルを身に着けてやすくもなっていくといううのが、シャロン・ウルフらの研究の示唆するところです。

手前味噌で言わせてもらえば

手前味噌で言わせてもらえば、幼児ポピーでは、十数年前から非アカデミックな力(社会性や情動のスキル)の基礎にワーキングメモリの力があると考え、ポピーの問題の基本をワーキングメモリとレーニングに置いてきました。
様々な問題にワーキングメモリトレーニングの要素を忍び込ませた上で、小学校で必要なマナーや社会ルールの学習や、読み聞かせを通した心の理解を組み込んできました。そして非アカデミックな課題にもワーキングメモリトレーニングの要素を忍ばせてきました。
そしてさらに偉そうに言えば、幼児ポピーではワーキングメモリのトレーニング性はだいじにしながら、しかし、できた、できないではなく、そのような頭の使い方が好きになること、ちょっと頭にメモしながらあれこれ考えること、それ自体が楽しく感じられることに最大の力点を置いてきました。5歳以下の脳で発達のピークを迎えるのは、好き嫌いにかかわる脳部位だからです。
実行機能や国語力、計算力はだいじですが、何より、そういう問題を考えることが好きになることがだいじです。

この記事へのコメント