ソーシャルメディアに費やす時間が増すと、うつ、問題行動、大量飲酒がわずかに増えるかもしれない

 ノルウェーの青年763人(平均年齢15.22±1.44)のパネル調査。6か月間隔二度、ソーシャルメディアに費やされた時間、うつ症状、問題行動、一過性の大量飲酒、スポーツの頻度、レジャーの頻度、友人関係を調査。  ソーシャルメディアに費やされた時間が、うつ症状、問題行動、一過性の大量飲酒を増やすのかを、一階差分モデルで検討。経時的推定…
コメント:0

続きを読むread more