当り前といわれれば返す言葉もないが、肥満は遺伝要因と環境要因の相互作用

 ノルウェーの13~80歳の一般住民11万8,959人のうち、6万7,305人について遺伝素因とBMI(肥満度)の関連を解析↓。太りやすさについて遺伝的感受性を5段階に分け、1960年代から2000年代まで10年単位で評価。  結果、1980年代半ばから1190年代半ばにかけて肥満が増加、遺伝的感受性が最も高い群は、どの10年単位でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more