WHOの認知機能低下および認知症のリスク低下についてのガイドライン

WHOの認知機能低下および認知症のリスク低下についてのガイドライン(2019)のまとめは以下。
認知機能低下および認知症のリスク低減に、運動、禁煙、地中海食、健康的でバランスのとれた食事、危険で害ある飲酒行動をやめたり減らしたりすること、認知的なトレーニング、過体重・肥満・高血圧・高脂血・糖尿病への介入が、かなり低い~高い証拠(多くは低い証拠)があり、強くまたは条件付きで推奨できる

・運動は認知機能に問題がない大人にとって認知機能低下の抑制に役立つ中程度の証拠があり、強く推奨できる。
・運動は軽度認知障害の大人にとって認知機能低下抑制の低い証拠があり、条件付きで推奨できる。

・禁煙は健康改善に有益で認知機能低下や認知症の予防に役立ちうる低い証拠があり、強く推奨できる。

・地中海食は正常な認知機能を持つ大人や軽度認知障害の大人の認知機能低下や認知症のリスク低減に役立つ中程度の証拠があり、条件付きで推奨できる。
・健康的でバランスのとれた食事はWHOの健康的な食事の推奨基準にのっとってすべての大人に推奨できる。認知関連の証拠は低いが、他の証拠は高く、条件付きで推奨できる。
・ビタミンB、E、不飽和多価脂肪酸やマルチコンプレックスサプリメントの摂取は、認知機能低下や認知症のリスク低減に役立たない中程度の証拠があり、まったく推奨できない。

・危険で害のある飲酒行動をやめたり減らしたりすることは、認知機能に問題がない大人や軽度認知障害の大人にとって、認知機能低下や認知症のリスク低減に役立ち、他の健康的な便益が見込める中程度の証拠があり、条件付きで推奨できる。

・認知的なトレーニングは、認知機能に問題のない大人や軽度認知障害の大人にとって、認知機能低下や認知症のリスク低減に低いまたは極めて低い証拠があり、条件付きで推奨できる。

・社会的な活動と認知機能低下や認知症のリスク低減のかかわりに十分な証拠はない。
・社会参加や社会的支援はよりよい健康や幸せに人生を通じて強くかかわり、社会から排除されないことは全人生で保障されるべき。

・中年期での過体重や肥満への介入は、認知機能低下や認知症のリスク低減に役立つ低いまたは中程度の証拠があり条件付きで推奨される。

・WHOのガイドラインに沿った高血圧への介入は推奨されるべき低いまたは高い証拠があり(介入による差がある)、強く推奨される。
・高血圧への介入は認知機能低下や認知症のリスク低減に役立つかなり弱い証拠があり(認知症に関して)、条件付きで推奨できる

・糖尿病へのWHOのガイドラインに沿った介入は、とても低い~高い証拠があり、強く推奨される。
・糖尿病への介入は認知機能低下や認知症のリスク低減に役立つかなり低いが証拠があり、条件付きで推奨される。

・高脂血症への介入は認知機能低下や認知症のリスク低減に役立つ低い証拠があり、条件付きで推奨される。

・現状では認知機能低下や認知症のリスク低減に抗うつ剤が役立つ十分な証拠はない。
・うつへの抗うつ剤や認知症法的介入はWHO mhGAP ガイドラインに沿って行われるべき。

・聴力のサポートが認知機能低下や認知症のリスク低減に役立つ十分な証拠はない。
・それらはWHO ICOPE ガイドラインに沿っておこなわれるべき。

一方、認知症予防に運動や食事は役に立たない、アルツハイマー病の発病は20年以上前から始まり、発病の10年前くらいから、運動意欲の喪失、食事のジャンキー化は起きるのではないか、といった長期研究が出てきています。
https://higeoyaji.at.webry.info/201904/article_11.html


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック