失敗続きの認知症治療薬開発に新たな光?

 アルツハイマー病にアミロイドβがかかわることは古くから知られており、アルツハイマー病の治療薬開発はアミロイドβ凝縮の抑制などアミロイドβをターゲットに行われてきました。そして今のところこの戦略での治療薬はすべて失敗に終わっています。
 ↓の昭和大などによる研究は、ここに新たな光を差し込ませるかもしれないもの。アミロイドβには主に40アミノ酸残基を含むアミロイドβ1-40と42アミノ酸残基を含むアミロイドβ1-42があるが、とくにアミロイドβ1-42は凝集性が高く毒性が強く、アルツハイマー病の進行にとって重要であると考えられてきました。↓によって、アミロイドβ1-42の高分子オリゴマーが、細胞膜上で活性酸素種をつくり、脂質過酸化によって膜損傷を起こし、それが神経毒性を発揮する仕組みが明らかになりました。そして、その結果、膜流動性の低下、細胞内カルシウム調節異常、膜の脱分極、シナプス可塑性障害をもたらすのだそう。
 高分子アミロイドβオリゴマー抗体が早期アルツハイマー病での認知機能低下を有意に遅らせ、アミロイド蓄積を減少させたことが報告されているそうですが、↓はその機序を明らかにしたもの。そして、高分子アミロイドβオリゴマーがアルツハイマー病の治療標的になる可能性があるそう。
High molecular weight amyloid β1-42 oligomers induce neurotoxicity via plasma membrane damage.
Yasumoto T, Takamura Y, Tsuji M, Watanabe-Nakayama T, Imamura K, Inoue H, Nakamura S, Inoue T, Kimura A, Yano S, Nishijo H, Kiuchi Y, Teplow DB, Ono K.
FASEB J. 2019 May 13:fj201900604R. doi: 10.1096/fj.201900604R.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック