朝型化の推奨は考えものかもしれない

 ↓でも示されているが、朝型の人の方が、うつのリスクが低く、体重が重すぎたり低すぎたりする傾向も低い、また、不眠症などの睡眠障害の傾向も少ないなど、より健康的であることが知られています。なので、みんな早起きしましょう、朝型になりましょうとつい言いたくなるし、推奨したくなります。
 しかし、89,283 の遺伝子タイプと、「朝型」「夜型」の自覚のかかわりを調べた調査で、朝型である人はそうでない人と比べ、15遺伝子の特定部分に違いがあることが明らかになったそう。15のうち7つはサーカディアンリズムと関連する遺伝子の近傍に存在し、残り8つは睡眠とどんな関連があるのか、現状では推測しにくいとのこと。
 なお、この調査で朝型は44%、夜型は56%だったそうで、この夜型の人に朝型生活を勧めることは、サマータイム導入への批判であったように無理に社会的ジェットラグ(時差)を作ることで、心臓病やうつのリスクを高める可能性があります。
 基本、遺伝子に逆らわない生活がよろしいし、そういう社会になればいいな、睡眠関連遺伝子に限らず、と思います。
GWAS of 89,283 individuals identifies genetic variants associated with self-reporting of being a morning person
Youna Hu, Alena Shmygelska, David Tran, Nicholas Eriksson, Joyce Y. Tung & David A. Hinds
Nature Communications volume 7, Article number: 10448 (2016)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック