外から脳刺激によるうつ治療のエビデンスが集まりつつあるらしい

 うつ(major depression)への治療法として、電気、磁気を使った刺激療法が提案され、検証されている。↓は、6750人の患者を含む113の試行をメタ解析したもの。
 結果、 18療法中10の療法(以下)で治療効果が認められ、患者の許容度もシャム(偽治療)と変わらなかったそう。
bitemporal ECT (summary odds ratio 8.91, 95% confidence interval 2.57 to 30.91),
high dose right unilateral ECT (7.27, 1.90 to 27.78),
priming transcranial magnetic stimulation (6.02, 2.21 to 16.38),
magnetic seizure therapy (5.55, 1.06 to 28.99),
bilateral rTMS (4.92, 2.93 to 8.25),
bilateral theta burst stimulation (4.44, 1.47 to 13.41),
low frequency right rTMS (3.65, 2.13 to 6.24),
intermittent theta burst stimulation (3.20, 1.45 to 7.08),
high frequency left rTMS (3.17, 2.29 to 4.37), and tDCS (2.65, 1.55 to 4.55).
 体外からの脳刺激は治療の選択肢となりうる、とか。
 ちなみにETC(電気けいれん療法)はネットの脳科学辞典によれば、「経皮的に頭部に通電を行い脳に人工的なけいれんを誘発することで治療効果を得る精神神経疾患に用いられる治療法で、特に重症うつ病、薬物治療抵抗性ないし重症躁病、またはカタトニア(緊張病)に高い治療効果を持つ。ECT手技は、従来型ECTから修正型ECTへ、さらはサイン波治療器を用いたECTからパルス波治療器を用いたECTへと発展してきており、その安全性は向上しているものの、現在もその作用機序が未解明であることやわが国でのECT手技の標準化がまだ十分でないことなどの課題があり、作用機序に関する研究や精神科関連学会を中心としたECTの標準化がすすめられている。」とのこと。
Comparative efficacy and acceptability of non-surgical brain stimulation for the acute treatment of major depressive episodes in adults: systematic review and network meta-analysis.
Mutz J, Vipulananthan V, Carter B, Hurlemann R, Fu CHY, Young AH.
BMJ. 2019 Mar 27;364:l1079. doi: 10.1136/bmj.l1079.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック