「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 痛風、高尿酸血症は食事ではいかんともしがたい

<<   作成日時 : 2018/10/12 12:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 痛風の原因は尿酸値、高尿酸血症なら痛風になりやすい、というのが常識です。またプリン体など食事の影響や飲酒の影響も指摘されてきました。一方、痛風や高尿酸血症に関係する遺伝子も多数見つかり、HPRT、PRPP、UMOD、SLC22A12、XDH、PNPなどは希だが強い影響を持つ遺伝子として、ABCG2, CDC42BPG, GCKR, INHBC, MAP4K2, MEN1, NRXN2, PDZK1, PYGM, RASGRP2, R3HDM2, RREB1, SF1, SLC17A1, SLC17A3, SLC2A9, SLC22A11, SLC22A12, WDR1, LRP2などは頻度が高いが一つ一つは弱い影響しか持たない遺伝子として知られています。これらは腎臓の尿細管に発現し、物質輸送に関係するものが多数です。
 ↓は、5つの観察試験をまとめ、米国成人16,760人を調べた研究。食事の影響、遺伝の影響を評価。
 痛風の前駆病態・高尿酸血症は生まれながらの遺伝的特徴によるところが大きく、血清尿酸濃度への食事の影響はほとんど認められなかったとか。
 実はこのところ繰り返し指摘されていることですが、高尿酸血症や痛風の生じやすさは、食事調整ではいかんともしがたいわけです。
Tanya J Major,, Ruth K Topless, Nicola Dalbeth, Tony R Merriman,
Evaluation of the diet wide contribution to serum urate levels: meta-analysis of population based cohorts
BMJ 2018; 363 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.k3951 (Published 10 October 2018)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
痛風、高尿酸血症は食事ではいかんともしがたい 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる