強迫性障害にもTMS

 うつや片頭痛の治療に、脳の外側から磁気刺激を行う方法の装置(経頭蓋磁気刺激装置:TMS)が、FDAによってそれぞれ2008年、2013年に承認されています。今回は強迫性障害、強迫性障害は思考や行動が際限なく繰り返さずにはいられない障害で、米国成人では約1%の有病率です。
 およそ100人が参加した試験の結果、TMS装置治療群で38%に改善がみられ、偽治療群では11%だったそう。
https://www.jwatch.org/fw114490/2018/08/20/fda-clears-transcranial-magnetic-stimulation-ocd
Is rTMS a Treatment for Obsessive-Compulsive Disorder?
Claire Wilcox, MD reviewing Zhou DD et al. J Affect Disord 2017 Mar
 とはいえ、セロトニン再取り込み阻害剤の難治療群では、効果に差がないとの報告もあり、研究は必要らしい。
Augmentation Effect of Low-Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation Over Presupplementary Motor Area in Obsessive-Compulsive Disorder: A Randomized Controlled Trial.
Arumugham SS, Vs S, Hn M, B V, Ravi M, Sharma E, Thirthalli J, Reddy YCJ.
J ECT. 2018 Jun 12.
 なおターゲットは補足運動野や眼窩前頭前皮質だそう。
Effectiveness and Predictors of Response to 1-Hz Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation in Patients With Obsessive-Compulsive Disorder.
Singh S, Kumar S, Gupta A, Verma R, Kumar N.
J ECT. 2018 Aug 7.
 ギャンブル障害での強迫性障害併存率は、行動制御の障害に位置付けられたころに考えられていたより低く(つまり、やらずにはいられない障害とはいいにくい)、1%程度だが、この重症群ではTSMもありうるのかもしれないですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック