超音波は蝸牛液を介して脳を活性化する

超音波は人間の耳には聞こえない高い振動数をもつ音波。だいたい20KHZ以上。この超音波は脳の様々な個所を活性化することが知られ、可聴域ではない超音波を混ぜ込むことで、なんらかの慣性誘導ができるのではないかと期待されている。
 ↓はこの活性化が、超音波が直接的に脳の神経細胞を活性化させるのではなく、蝸牛を介して実現しているらしいことを示したもの。超音波に暴露しても、蝸牛液を除いたり、聴神経を除去すると、超音波による脳の活性化が観察できなくなるそう。つまり超音波が蝸牛液を震わし、それが聴覚神経、聴覚野を介して脳を活性化する、ただし、超音波は聞こえない、ということらしい。
 超音波を予告(音)に使うことが可能なら、うるさくはないよな。
Ultrasonic Neuromodulation Causes Widespread Cortical Activation via an Indirect Auditory Mechanism. Neuron. Published: May 24, 2018

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック