スタチンは認知症予防に役立つ

 生活習慣病の予防や治療が認知症一般やアルツハイマー病の予防に役立つことは、疫学データ中心の議論であることは否めないものの、よく知られた話になってきている。
 高脂血症の治療薬スタチンが認知症の予防に役立つという指摘は古くからあるが、↓はそのメタ解析。適格基準を満たした25報を対象。
 結果、すべての認知症リスクの有意な低下とスタチン使用は関連した(16報、調整RR:0.849、95%CI:0.787~0.916、p=0.000)。アルツハイマー型認知症リスクの有意な低下とスタチン使用が関連した(14報、調整RR:0.719、95%CI:0.576~0.899、p=0.004)。軽度認知障害リスクの有意な低下とも関連(6報、調整RR:0.737、95%CI:0.556~0.976、p=0.033)。血管性認知症との有意な関連は認められなかったそう(3報、調整RR:1.012、95%CI:0.620~1.652、p=0.961)。
 スタチンは認知症や認知機能低下予防に役立ち、そのリスク低下は2割程度。高血圧、高血糖も同様な指摘があり、生活習慣病の予防や治療は重要。
Use of statins and the risk of dementia and mild cognitive impairment: A systematic review and meta-analysis.
Chu CS, Tseng PT, Stubbs B, Chen TY, Tang CH, Li DJ, Yang WC, Chen YW, Wu CK, Veronese N, Carvalho AF, Fernandes BS, Herrmann N, Lin PY.
Sci Rep. 2018 Apr 11;8(1):5804.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック