「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 加熱式たばこの低リスク商品としての販売案、FDAが認めず

<<   作成日時 : 2018/02/05 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本では喫煙関連法案の審議に伴い、加熱式タバコが注目されているが、米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は2018年1月25日、フィリップモリス社が販売を申請していたiQOSについて、通常のたばこ製品と比べてたばこ関連の疾患リスクが低いであろうが、リスクが低い製品として販売したいという同社の販売案は認めなかったそう。
 加熱式タバコは日本で加熱しているとみることができるらしく、Caputiらによれば、日本では加熱式たばこの販売が開始された2015年に加熱式たばこ関連ワードのグーグル検索数が1,400%以上増加、2017年までに約3,000%増加。現在1カ月当たりの加熱式たばこ関連ワードの検索数は約750万件に上るそう↓。
 Caputiは「加熱式たばこに関する情報が不十分であることを消費者にも認識してもらう必要がある」「情報が不十分な中で消費者が気軽に加熱式たばこを手に取ることができるような状況は望ましくない」としている。
They're heating up: Internet search query trends reveal significant public interest in heat-not-burn tobacco products.
Caputi TL, Leas E, Dredze M, Cohen JE, Ayers JW.
PLoS One. 2017 Oct 11;12(10):e0185735. doi: 10.1371/journal.pone.0185735. eCollection 2017.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
加熱式たばこの低リスク商品としての販売案、FDAが認めず 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる