1から10まで数える声を聴くだけで、声の主の浮気度がそこそこわかるらしい

 浮気をしている男女20人と浮気していない20人の声を聴かせ、浮気度合いを推測させる実験。
 声の質は、基本周波数の標準偏差、ジッタ(ピッチ変動)、シマ(ピッチ振幅変動)、倍音ノイズ比率(Harmonics-to-Noise Ratio,HNR)、声サンプルの長さを一致させた。身長、体重、ウエスト・ヒップ比(Waist-to-Hip Ratio,WHR)、肩まわり・ヒップ比(Shoulder-to-Hip Ratio,SHR)、体格指数(Body Mass Index,BMI)、マスターベーション開始年齢、初体験年齢、性パートナー累積数も一致させ、浮気度だけが違う人に1~10まで数えている声を、大学生152名に聞かせた。
 結果、浮気をしたことのある声を聞かせた場合の方が、浮気をしているのではないかという評定店が高かったそう。声のピッチを加工した場合、ピッチが低い声の方が浮気をしたことがありそうだと、女性から思われやすいらしい。一応、声自体の魅力度は別に調べ、こちらも一致させている。
 まあ、そうやってあれこればれるわけです。
Hughes, S. M., & Harrison, M. A. (2017). Your Cheatin’Voice Will Tell on You: Detection of Past Infidelity from Voice. Evolutionary Psychology, 15(2), 1-12. doi:10.1177/1474704917711513.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック