HbA1cが増すごとに認知機能が低下する関連が見いだされた

 5189人について2004~2005年でのHbA1cとその後10年の認知機能の関連を調べた研究↓。
 ベースライン時の年齢、性別、総コレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド、高感度CRP、BMI、教育、婚姻状況、うつ症状、現在の喫煙状況、飲酒、高血圧、CHD、脳卒中、慢性肺疾患、がんに関する調整後、HbA1cが1mmol/mol増加することと、認知機能全般のzスコアが一年で0.0009 SD低下し、記憶のzスコアは0.0005 SD低下、実行機能のzスコアは0.0008 SD低下したそう。
 また、糖尿病だと一年で0.031SD、前糖尿病だと0.012 SD、認知機能全般の成績が低下し、記憶、実行機能、見当識のzスコアも、糖尿病によって低下したそう。
 高血糖、高脂血、高血圧対策は、予防も治療も脳保護的。
HbA1c, diabetes and cognitive decline: the English Longitudinal Study of Ageing.
Zheng F, Yan L, Yang Z, Zhong B, Xie W.
Diabetologia. 2018 Jan 25. doi: 10.1007/s00125-017-4541-7.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック