高強度インターバルトレーニングは脳の乳酸取り込みを介して認知機能を改善するのかもしれない

 立命館大学の研究。短期間全力で運動し(オールアウトに近い運動)、その後緩い運動を行うことを繰り返す、高強度インターバルトレーニング後、ミトコンドリア増などを介して持久力が増すことはよく知られているが、認知機能(ここでは実行機能)が亢進することも報告されている。↓は、この亢進が脳への乳酸の取り込みを介するらしいという報告。
 金曜の高強度インターバルトレーニング前のレクチャーでえらそうに語ろう。
Maintained exercise-enhanced brain executive function related to cerebral lactate metabolism in men.
Hashimoto T, Tsukamoto H, Takenaka S, Olesen ND, Petersen LG, Sørensen H, Nielsen HB, Secher NH, Ogoh S.
FASEB J. 2017 Nov 10

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック