ボルダリングで「うつ」改善

 ボルダリングが「うつ」の改善に役立つ可能性を示した研究。グループを二つに分け、一方はボルダリングを8週間行い、一方はボルダリングの開始を8週遅らせコントロール群として扱うタイプのRCT。
 8週の間、週一回3時間のボルダリングにチャレンジ。ベッグ抑うつ尺度(BDI-Ⅱ)、SCL-90、セルフマネジメントスキルについての調査(FERUS)、注意力テスト(d2-R)を実施。47名が実験を完遂。
 結果、中程度のうつが軽度に軽減(Cohen's d=0.77)、また重回帰分析でボルダリングを行うか否かだけが有意な関連を示したそう。ドイツではすでに幾つかの病院がクライミングによる治療を始めているそうです。
 運動自体が効いているのか、上を目指す活動が象徴的な意味を持つのか、はたまた様々なルートを自己の実力に合わせて選択するさまが人生とその解決を比ゆするのか、不明ですが、乗馬セラピーとか、運動系のセラピーの開発が相次ぐのは、心理療法優位な歴史を顧みると、バランス上よろしいことのように思えます。
Indoor rock climbing (bouldering) as a new treatment for depression: study design of a waitlist-controlled randomized group pilot study and the first results.
Luttenberger K, Stelzer EM, Först S, Schopper M, Kornhuber J, Book S.
BMC Psychiatry. 2015 Aug 25;15:201. doi: 10.1186/s12888-015-0585-8.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック