脳深部刺激を脳の表層からの高周波電気刺激で行いうる

電気による脳深部刺激(DBS)は気分や認知の障害の治療法として活用可能な方法です。しかし、ターゲットとなる脳の深部に電極等を設置する手術的方法が必要でした。
 ↓は脳表面の二電極でDBSが可能となことを示した研究。脳表面の2つの電極からの1000 Hz超の2種類の高周波電気刺激を行うことで、脳内に電場を誘導し、たとえば海馬などの特定の神経細胞を刺激することに成功したそうです。しかも、この場合なら海馬より表層の神経を活性化することなく刺激しうるのだそうです。また脳組織の過熱や細胞損傷もなかったとか。
 電流の強さの調整で刺激する脳領域を変えることもできるそうで、マウス実験ではありますが、頭に穴をあける必要のない脳深部刺激(DBS)として、神経や精神の病気の標準治療としてすぐに普及する可能性があるそうです。
Noninvasive Deep Brain Stimulation via Temporally Interfering Electric Fields.
Grossman N, Bono D, Dedic N, Kodandaramaiah SB, Rudenko A, Suk HJ, Cassara AM, Neufeld E, Kuster N, Tsai LH, Pascual-Leone A, Boyden ES.
Cell. 2017 Jun 1;169(6):1029-1041.e16. doi: 10.1016/j.cell.2017.05.024.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック