寝不足、とくにレム睡眠不足は、脂肪や甘いものを欲したくするらしい

2017年2月2日 (木)配信朝日新聞から。
 睡眠研究で数々の実績を上げている筑波大のチームから、寝不足によるレム睡眠(眼球がぴくぴく動く浅い眠り、夢見とかかわる)不足が太りやすさを生んでいるとする研究。
 飼育ケースの底に金網を敷いた不安定な環境にマウスをおくと、レム睡眠だけが極端に減る現象を使って、レム睡眠を減少させたところ(論文読んでいないのでわからないですが、このストレス環境はレム睡眠減少以外の波及効果も生むのでそのコントロールの工夫をどうやったのかが楽しみ)、餌を自由に選択できる環境下で、ショ糖が多い甘い餌と高脂質の餌を、通常飼育マウスの比べて約3割多く食べたとか。
 かつ、ここが注目だが、味や香りなどを判断する役割を担う脳の「前頭前皮質」で遺伝子改変技術を使って、その働きを抑えると、高脂質の餌はたくさん食べたが、甘い餌を余計に食べようとはしなかったとか。
 この結果から、寝不足での脂肪摂取増と甘い物の摂取増は異なるメカニズムを持ち、甘いものは味や香りとのつながりで、味や香りが想像されたり、そのことで予測的な快が増すことがかかわるらしいとのこと。
 ノンレム睡眠減少は記憶力の低下とかかわったり、アルツハイマー病の主たる関連物質アミロイドβの前頭葉での増加とのかかわったりが報告されていますが、レム睡眠がノンレム睡眠をコントロールしていたり、こういう研究もあったりするので、レム、ノンレムを適切に取ることがだいじです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック