思春期早期のメンタル受診は意味がある

2005年から2010年までの期間、1238人の14歳について、18か月後と36か月後にうつ症状リスクを調べた英国の調査。結果、14歳時点で精神障害症状を持っており、過去一年間にメンタルヘルスサービスを受けた人は、そうでない人に比べてうつの兆候が大幅に低下しており、17歳の時点でうつの診断を受けた人は7分の一になっていたそうです。
Reduction in adolescent depression after contact with mental health services: a longitudinal cohort study in the UK. Lancet Psychiatry. Published: 10 January 2017
Sharon A S Neufeld, BSccorrespondencePress enter key for correspondence informationemailPress enter key to Email the author, Valerie J Dunn, BEd, Prof Peter B Jones, PhD, Prof Tim J Croudace, PhD, Prof Ian M Goodyer, MD

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック