成人ADHD有病率は2.8%、不安、気分、行動、物質障害と高頻度に併存

 WHO世界精神保健調査のADHD国際間疫学調査(10か国分)の報告。成人ADHD有病率は平均2.8%。低、中低所得国の1.4%に対して高所得国3.6%、中高所得国3.0%で、所得の高い国の方が成人ADHD有病率が高かった。成人ADHDは男性、既婚者、低学歴に多かった。また、不安、気分、行動、物質障害と高頻度に併存していたそう。
 ギャンブリング障害でもADHDの併存がしばしば指摘されており、注意の持続が困難である場合、認知行動療法や12ステップなど高度な認知処理が必要になる療法が適さない場合があることは十分予想される。
The descriptive epidemiology of DSM-IV Adult ADHD in the World Health Organization World Mental Health Surveys.
Attention deficit and hyperactivity disorders. 2016 Nov 19;
John Fayyad, Nancy A Sampson, Irving Hwang, Tomasz Adamowski, Sergio Aguilar-Gaxiola, Ali Al-Hamzawi, Laura H S G Andrade, Guilherme Borges, Giovanni de Girolamo, Silvia Florescu, Oye Gureje, Josep Maria Haro, Chiyi Hu, Elie G Karam, Sing Lee, Fernando Navarro-Mateu, Siobhan O'Neill, Beth-Ellen Pennell, Marina Piazza, José Posada-Villa, Margreet Ten Have, Yolanda Torres, Miguel Xavier, Alan M Zaslavsky, Ronald C Kessler

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック