統合失調症の妄想内容

 2008~11年にドイツの精神科病院に入院した統合失調症と診断された妄想型入院患者182例の分析。女性90例、男性92例。
・妄想の頻度に男女差なし。
・女性は「監視されている」という妄想が多い。
・男性は「自分のことを○○が話している」という妄想が多い。
・女性は、他人との重要な関係に基づく関係妄想が多い。
だそうです。
[Delusion and Gender in Paranoid Schizophrenia: Results of a Clinical Study].
Fortschritte der Neurologie-Psychiatrie. 2016 Nov;84(11);669-674.
V Rössler, R Richter, M H Walter

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック