人とのかかわり、仕事の複雑さ、学歴は脳を守りうる

 アルツハイマー病など認知機能の低下と脳白質病変指標WMH(white matter hyperintensity)がかかわることが知られていますが、中年でこの病変があっても、人を相手にする仕事をしている人は、認知機能がより維持しやすいとか。人とのかかわり、コミュニケーションが、認知機能低下予防や、アルツハイマー病に役立つとの知見を補強する結果です。
http://www.jwatch.org/fw111835/2016/07/25/working-with-people-might-help-protect-against-alzheimers
 また西洋型の食事(非地中海食型)が認知機能低下にかかわったり、つい最近では日本の研究で、日本食度が高い方が認知症になりにくいといった報告が行われていますが、西洋型食事の影響が、学歴や、仕事の複雑さ、社交性の高さによって緩和されうることが明らかになったとか。
http://www.multivu.com/players/English/7865351-aaic-2016-cognitive-training/docs/press-release-1311562930.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック