記憶増強装置、いけそうだそうです。

 記憶の中核、海馬には、感覚情報、空間、時間の情報が集まり、短期的に保持できるようになります。これが短期記憶で、短期記憶が保持されている間に、その記憶にアクセスが繰り返されると、その記憶は長期記憶化していきます。
 ポイントは海馬のCA3からCA1に伝わるシグナルで、その再現が記憶固定能力の増強につながるといいうのが、Bergerらの研究。てんかん患者12人に数枚の絵を見せ、最長90秒後にどの絵を見たかを思い出してもらった。そして被験者がこの課題を行っている間のCA3とCA1両部位の発火パターンを記録した。それからCA1の細胞活動を使って、CA3にくるパターンを予測したところ80%的中した。そしてCA1を適切に刺激すると、記憶成績が向上することを示したそうです。
J Neural Eng. 2013 Dec;10(6):066013. doi: 10.1088/1741-2560/10/6/066013. Epub 2013 Nov 12.
Facilitation of memory encoding in primate hippocampus by a neuroprosthesis that promotes task-specific neural firing.
Hampson RE1, Song D, Opris I, Santos LM, Shin DC, Gerhardt GA, Marmarelis VZ, Berger TW, Deadwyler SA.
 また、ペンシルバニア大学の研究によれば、別の手法によって記憶の増強を試みており、海馬が含まれる内側側頭葉を刺激すると、低下している記憶能力を改善できるが、記憶がうまく機能しているときには、刺激は記憶の再生を妨げてしまうとか。言葉のリストを思い出しているときの28人の被験者の脳活動を記録し、これらのパターンを使って、チームは人が特定の言葉を覚えているかどうかを高い正確性をもって予測するアルゴリズムを開発した。そして、忘れられる可能性が高い単語を読んだときだけ脳を刺激することによって、成績を最高140%引き上げることができたそうです。
 電気刺激で記憶力アップはどうやらいけそうです。
Nature (2015-11-05) | doi: 10.1038/527015a | Memory-enhancement trials move into humans
Sara Reardon

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック