低ニコチンタバコは喫煙量を減らす

 ニコチンはニコチニックアセチルコリン受容体を刺激して頭の働きを短期的にはよくし、腹側被蓋に働いてドーパミンの分泌を増し心地よさを高めます。なので、ニコチンの量を少なくすると、これらの作用が小さくなり依存傾向が減少することが考えられる一方、かえって渇望を生み出し喫煙量が増える可能性もあります。
 ⇂によれば、禁煙する気のない喫煙者840人を対象にした無作為化試験の結果、ニコチンを減らしたタバコを与えると喫煙量が減ったとか。具体的には、6週間の1日の平均喫煙本数が低ニコチンタバコではおよそ17本、いつものタバコではおよそ22本だったそうで、知らぬ間に喫煙量が減るのだとか。また禁煙にチャレンジする人も増えたとか。低ニコチンタバコでは35%、普通のタバコでは17%だとか。
Reduced-Nicotine Cigarettes - A Promising Regulatory Pathway. N Engl J Med 2015; 373:1289-1291October 1, 2015DOI: 10.1056/NEJMp1509510
Randomized Trial of Reduced-Nicotine Standards for Cigarettes. N Engl J Med 2015; 373:1340-1349October 1, 2015DOI: 10.1056/NEJMsa1502403

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック