不健康な生活習慣は慢性腎臓病の発生にもかかわる

 生活習慣病が運動不足、不健康な健康習慣によってその発生率が高まることはよく知られていますが、運動の有無、夕食時間が遅いなどの不健康な生活習慣で腎臓病のリスクも増大するそうです。福岡大学スポーツ科学部の道下竜馬助教(現・産業医科大学講師)らの2008~13年の福岡大病院の特定健診を受診した男性職員252人を対象とした調査では、08年時点で定期的な運動の有無や夕食を食べる時間など七つの生活習慣を調べた結果、不健康な生活習慣が4個以上ある人の腎臓病の5年後発症率は、0~1個の人の6・5倍だったそうです。
2015年7月7日(火)読売新聞参考

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック