いずれ出てくるかと思っていましたが、世帯収入と子どもの脳構造が関係する、は~勘弁ですな。

世帯収入と脳構造 Nature Neuroscience 2015年3月31日 A relationship between family income and brain structure
 日本では、東大とケンブリッジの刈谷先生らが親の年収と子どもの学力の関係を盛んに報告してきました。親の収入が多いほど子どもの学力は高くなる傾向にあり、貧困家庭の教育の充実を行わないと、貧困がさらなる貧困を生んでいくといった指摘でした。
 そのあたりからも推測されていたことですが、今回、Kimberly Noble、Elizabeth Sowellらは、脳構造、世帯収入、親の教育、これらの関係を、3歳から20歳までの典型的に成長している子供や青年1000人を対象に調べたそうです。この際、Nobleらは祖先から受け継いだ潜在的な脳構造の違いを被験者からDNA試料を集めて調整していますから、遺伝の影響はある程度除去されています。つまり、例えば遺伝的に知能が劣りがちで、ために収入が低く、子どもの知能も低い、といった関連の除去を目指しているわけです。
 結果、親の教育と世帯収入両者の増加は、言語や執行機能に関わる脳の前頭葉などの灰白質(脳の表面領域)の増加と関連することが明らかになりました。また、世帯収入は親の教育の仕方以上に強く脳表面領域との正の相関を示したそうです。脳表面領域はまた、作業記憶や執行機能の認知機能テストにおける子供の成績と世帯収入との関連についても部分的に説明したそうです。
 つまり、社会経済的地位は、脳表面領域の構造とかかわり、認知作業の成績と関連することを示唆するわけで、は~、まじですかといわけで、子どもに与える社会経済状況の影響は、そこそこにあり無視できないことは確かそうです。ピケティ的な問題は脳問題でもあった、しかも遺伝とかかわらない脳問題でもある可能性があるわけです。
Family income, parental education and brain structure in children and adolescents.
Noble KG, Houston SM, Brito NH, Bartsch H, Kan E, Kuperman JM, Akshoomoff N, Amaral DG, Bloss CS, Libiger O, Schork NJ, Murray SS, Casey BJ, Chang L, Ernst TM, Frazier JA, Gruen JR, Kennedy DN, Van Zijl P, Mostofsky S, Kaufmann WE, Kenet T, Dale AM, Jernigan TL, Sowell ER.
Nat Neurosci. 2015 Mar 30. doi: 10.1038/nn.3983. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック